グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【企業情報学部】森ゼミナールの1年生が「企業や社会の問題解決活動」をWebゼミで推進(私たちがよく利用するスーパーの今後について)

【企業情報学部】森ゼミナールの1年生が「企業や社会の問題解決活動」をWebゼミで推進(私たちがよく利用するスーパーの今後について)

今年は、一年生のオリエンテーション企画もWebで。この地にしかないタピオカジュースをゼミ生から発表してもらいました。絵を書いている人や、実践してつくってみる人も。写真は加藤君の作品。今年の森ゼミ生もユニークなメンバーが集まりました。

このような状況の中、新たな学びのスタンスで、企業や社会の問題解決を進めていきます。

企業情報学部・森俊也課題発見ゼミナール(1年生ゼミナール)では、このような状況下にはありますが、情報技術の助けも借りながら(Web会議方式にて)、企業や社会の課題発見・問題解決に取り組んでいます。2020年度においても、多面的な視点で考えないと結論を見出すことが難しい企業の問題解決にゼミ生が一丸となって取り組んでいきたいと思います。


プロジェクト(問題解決活動)に入る前に(成熟期にあり、自分たちにとって身近な流通小売においての問題解決を実践)

昨年度の一コマ。昨年は、よく利用する食品のあの会社の今後について。今年は、どのようなやりとりで結論をだしていくのか。

Web会議での顔合わせや、自己紹介、役職決めなどを終え、ようやくゼミが本格始動しました。森ゼミ生は、スタートアッププロジェクトとして、自分たちにとって身近な流通小売(スーパー)における問題解決に挑戦しています。

大変な中で学生生活が始まった森ゼミ生ですが、自分で炊事や洗濯をする人も多く、食材や日用品をスーパーで調達することが多くなります。このような、自分たちにとって身近な存在の現状を分析しつつ、その今後を考えるという問題解決に挑戦することにしました。ゼミ生同士が協力しながら問題解決に取り組むことにより、自身の特徴や課題にぼわーとながらに気づき、今後について考えてもらえればと思います。


2チームに分かれ、グループワークを行い、各チームともに、流通小売業界(スーパー)の「〇ロー」の今後の方向性を考えることにしました。

状況設定は、以下の通りです。

 いよいよ大学生に。この大変な中で、それぞれの新生活が始まりました。一人暮らしの人もそうですが、実家暮らしの人も自炊を始める人が・・・。そんな時によく赴くであろう、スーパーでは、コロナの3密対策だけではなく、こんな問題が起きていました。
 長野県を含む中部圏を中心に事業を展開するスーパーV社(〇ロー)。このV社が、多くのスーパーがひしめき合う長野県に攻勢をしかけるべく、「総力祭」を実施しました。その目玉は、O社(知名度があまりない、〇ハヨー)の「焼きプリン78円」。これでお客さんのつかみはOKと安心していました。
 ところが、同じ日の広告チラシを見ると、総合スーパーI系のA(〇リオ)は、な、なんと、同じ商品をお一人様1個無料プレゼント。また、同じ日の広告を見ると、これまた仰天、ドラックストアA社(〇オキ)の広告では、業界最大手M社(〇永)の「焼きプリン78円」と掲載。
 このままであれば攻勢どころか、誰も買いにきてくれないかも。どうしよう! そんな中、V社の運営責任者は、Webで情報を集めていると、長野大学の森ゼミを発見!!なんでも、このゼミでは、これまでにない発想で新しいものを考えているとのこと。ここだったら、いけそう!!森ゼミ生に涙ながら協力依頼があった?! ぜひ、このV社を、この責任者を皆さんの力で助けてほしい。

スタートアッププロジェクトから本プロジェクトへ。その予定です。

スーパー「〇ロー」の問題解決テーマです。

価格や品ぞろえの良さを中心に、競争が展開されています。お客さんは?

今村君、酒井さん率いるAチーム、日吉さん、松下さん率いるBチーム。それぞれのチームが、店舗や商品・サービス、さらにはそこでの方針をどう考えるの。楽しみしています。時間は短いですが、頑張ってください。

今後のV社の方向性についてチームで検討し、それを発表しました(2020年5月21日)

皆で力を合わせて検討してきたものを全体に向けて発表です。

たいき、ゆずか率いるAチーム。

まなか、まっちゃん率いるBチーム。

Aチームは、書記のなっちゃんが情報共有を支援します。

Bチームは、書記のほのかがチームで出てきたアイディアを共有します。

Aチームは、V社の現状分析や、

自社の規模でどのような展開をしていくのかを踏まえながら今後を考えました。

これまでの課題を大きくつかみ、今後の方向性を明らかにし、

地元食材の提供や、地元食材のブランド化、お客さんがお得に感じてもらえるようなサービスなど、短期、中期、長期的な視点での商品・サービスを提案しました。

かわって、Bチーム。V社がこれまで大切にしてきたものを明らかにしつつ、

他との違いや、お客さんに響くポイントを検討しました。

ターゲット層としては特にお年寄りを特定し、

プライベートブランド(V-Local)の開発や、お年寄りが利用しやすい環境整備、各種サービスの展開などを提案しました。

初めてのワークでいろいろ大変でしたが、とても有意義な検討となりました。