グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院  > 社会福祉学部  > 3つのコース紹介

3つのコース紹介

3分野から将来を選択

 社会福祉・福祉心理・発達支援の3コースがあります。1年次より自分が将来進みたい分野、必要とする資格取得に向けてコースを選択します。それぞれのコースには、将来必要とされる知識や、資格取得に必要な科目が体系的に用意されており、めざす将来に向けて、効果的に専門性を深めることができます。


社会福祉コース

ソーシャルワークを行う社会福祉の専門職をめざす

 さまざまな生活問題を抱える人のソーシャルワークを行う社会福祉の専門職をめざして、高齢者や障害者、児童などへの支援のあり方や、地域社会に必要とされる社会福祉について考えます。
何が問題なのかをもう一度考え直す
 社会福祉の分野において重要なのは、さまざまな問題をどのように捉えていくかということです。多様化する現代社会において、これまでの福祉の枠組みでは対応できないことがたくさんあります。何が問題なのかをもう一度考え直し、枠組みにとらわれない柔軟な発想をしていくことが必要です。学生たちには、社会福祉の学びを通して視野を広げてほしいと思います。

[取得可能な資格]
■ 社会福祉士(国家試験受験資格)         ■ 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
■ 社会福祉主事(任用資格)            ■ 身体障害者福祉司(任用資格)
■ 児童福祉司(任用資格)             ■ 児童指導員(任用資格)
■ 保育士(国家試験受験のための支援科目を設置)

社会福祉学部
廣見 好夏さん

【Student Voice】
自分の性格や考えを理解する能動的な学び
 人間関係や自分自身を理解することに興味があり、コロナ禍で一人の時間が増えたことで、より深く知りたいと思うようになりました。そうしたとき社会福祉に関する知識が広く得られるゼミ活動で、精神的な困難を抱えた人たちが健康であり続けるためのWRAP(元気回復行動プラン)やSST(社会生活技能訓練)などを学ぶことにより、自分の性格や考えについての特性を理解し、落ち込んだ時に気持ちを楽にする方法を見つけることができました。少人数のゼミなので、みんなの意見を聞き、考えを伝え合うことで視野が広がったと感じています。

社会福祉学部
町田 芽以さん

【Student Voice】
福祉の多様な視点を学べる
 病院での実習を通じて、一人ひとりの患者さんにとって最適な退院支援を考える医療ソーシャルワーカー(MSW)の役割が理解できました。また、ゼミ活動では先輩たちから多様な視点からの考え方を学びました。ゼミは先生との距離感が近く、自主性を尊重してくれ、やりたいことを気軽に相談できる環境も魅力です。そうしたなかで今めざしているのが、ボランティア活動が盛んな長野大学で情報共有や相談の場となるボランティアセンターの再構築です。以前の機能が薄れてしまったため、仲間や先生方とも相談しながら土台づくりを進めています。

福祉心理コース

人の心の動きや行動を客観的に理解しようとする姿勢を身につける

 認知,学習,人格,発達などに関する心理学の基礎理論に加え、「心理学的支援法」(カウンセリングなど)や「心理的アセスメント」(心理検査を含む)、および「心理学統計法」(データの分析方法)などを学び、人の心を科学的に捉える視点と技術を身につけます。

佐藤 俊彦 教授

佐藤 俊彦 教授

福祉の現場で役立つ心理学の知識と技術を身につける
 心理学は人間の行動や心の動きを科学的に分析していく学問です。心理学の研究テーマには、人間の日常生活に直結したものが数多くあります。その中には福祉の現場で役立てられる知識や技術もたくさんあります。カウンセリングや心理検査などの専門知識を身につけることにより、広く社会で活躍していってほしいと思います。

[取得可能な資格]
■ 公益社団法人 日本心理学会 認定心理士
■ 同 認定心理士(心理調査)

※「公認心理師」については,大学(学部)の省令科目(必修科目)のみ開設しており,本学の大学院総合福祉学研究科では,公認心理師の大学院カリキュラムには対応しておりません。「公認心理師」資格については,こちらのページをご覧ください。

社会福祉学部
笹 鴻志朗さん

【Student Voice】
ホンモノの「心理学」を学んでいます!
 公認心理師や臨床心理士の資格取得を視野において、心理学の学びを深めています。1~2年次は「心理学概論」「心理学統計法」「心理学実験」等の基幹科目を中心に、心理学の基礎領域を学びました。特に、実験や調査を適切に実施することや、得られたデータを統計分析し結果を解釈することなど、“こころ”を客観的にとらえるこれら一連のプロセスが、心理学の本質なのだとわかりました。3年次からは、応用分野の科目やゼミで、より専門的な学びや研究に取り組んでいます。

社会福祉学部
伊藤 早希さん

【Student Voice】
先生が学びたい意欲に応えてくれます
 高校生の時に地元の大学の授業体験で錯覚について学んだことがきっかけで、心理学に興味を抱くようになりました。「心理学実験」の授業では、同じ長さの線分の両端に内向きと外向きに付けた矢羽によってどう見えるかを実験するミュラー・リヤー錯視を題材に、レポートの執筆に取り組んでいます。繰り返し実験を行って分析することで、物事の本質を見極めようとすることが、心理学の真の姿なのだとわかりました。時間内に理解できない箇所は教員が研究室を開けて学生の相談に応じるオープン・オフィス・アワーを利用して、理解を深めるよ
うにしています。

発達支援コース

福祉マインドをもった特別支援学校等の教員や発達に課題をもつ人への支援の専門家をめざす

 特別支援学校や中学校・高校などで活躍する教員をめざして、社会福祉の基礎はもとより、教育に関する基礎理論や方法を学び、教育現場で求められる福祉の知識や専門性を養います。

早坂 淳 教授

早坂 淳 教授

教育に重要な社会福祉の発想を身につける
 多様化する現代社会において、子どもを取り巻く環境は大きく変化しています。教育に対する課題やニーズも複雑になり、従来の教育指導では通用しないことも少なくありません。そこで重要となってくるのが、社会福祉の発想です。在学中にさまざまな福祉の知識を身につけて、これからの教育のあり方と真摯に向き合っていってほしいと思います。

[取得可能な資格]
■ 特別支援学校教諭一種免許状※(知的障害者・肢体不自由者・病弱者)
■ 高等学校教諭一種免許状(福祉) 
■ 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
■ 高等学校教諭一種免許状(公民)
■ 中学校教諭一種免許状(社会)

※特別支援学校教員一種免許状を取得するには、「基礎免許」として中学校または高等学校の免許が必要となります。また、特別支援学校教員一種免許状は、社会福祉士、精神保健福祉士、及び認定心理士との併修はできません。

社会福祉学部
井上 なるさん

【Student Voice】
“子どもたちのために“できることを模索
 幼い頃から先生という職業に憧れて、教職課程を履修し、ゼミも教職の先生のもとで学ぼうと選びました。活動のひとつ「こまゆみ教室」では、私たち学生が企画を考案。例えばレジ袋の有料化から環境に目を向けて、地域の小学生とオリジナルのエコバッグを作りました。こうしたゼミ活動で大切にしていることは、ある小学校の先生から言われた「楽しむだけではなく、どんな子どもになってほしいかを考えてほしい」という言葉。ゼミを通じて、子どもたちのために何ができるのか、どんな力を身につけてほしいのか、自分なりの答えを探しています。

社会福祉学部
栗林 希帆さん

【Student Voice】
場面緘黙(ばめんかんもく)の子どものための活動を続けたい
 高校時代に高木潤野先生の著書で「場面緘黙」を知り、不安症などにも関心があったことから、このゼミを選びました。学問に重点を置いた少人数のゼミで先生から直接指導を受け、多くの先行研究をもとに独自の見解を導き出す研究の基本を学んでいます。ゼミ活動の一環で挑戦した「夢チャレンジ制度」では、「子どもに将来、自信を持って会話ができる一歩を踏み出してほしい」と場面緘黙を持つ子と保護者の交流会を開催しました。明確な目的を定めて活動内容を考える力がついたと感じています。今後は大学院に進学し、より言語障害学を深めていくことが目標です。