グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

上田まちなか水辺環境調査を実施中

【2022.5.30】
 環境ツーリズム学部・松下ゼミでは、上田市中心市街地(上田まちなか)の魅力向上を図るために、上田まちなかの水辺環境の活用方策について研究活動をおこなっています。

このたび松下ゼミの「まちなか環境チーム」では、上田まちなかの蛭沢川、矢出沢川沿いを歩きながら、水辺空間の特徴を言語情報として整理するキャプション評価法を用いた調査を実施しました。この調査を通じて、水辺のごみや散策道のベンチの荒廃問題がある一方で、見過ごされているレリーフや住民により整備された水辺沿いの花壇などの魅力資源があることも確認されました。

松下ゼミでは、今後、より詳細な水辺環境調査を実施するとともに、環境保全活動等もおこないながら、総合的に上田まちなかの水辺環境活用方策を検討していく予定です。

  • 資料請求
  • 長野大学りんどう祭
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 学問のミニ講座
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  環境ツーリズム学部の活動
  4.  >  2022年度 環境ツーリズム学部の活動
  5.  >  上田まちなか水辺環境調査を実施中