グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

信州たけし里山暮らし暦づくりワークショップ

【2022.7.7】
 環境ツーリズム学部・松下ゼミでは、上田武石地域の観光振興を目的に設立された市民組織「信州たけしのロマンと魅力を掘り起こし発展させる会(通称:たけしロマンの会)」とともに、武石地域の里山ぐらしの生活季節暦(フェノロジー・カレンダー)を作成するワークショップを開催しました。

武石観光協会の会員でもある松下ゼミとたけしロマンの会では、武石地域の生活、自然、花、農、生き物、祭り・行事、アウトドア行事等を季節ごとに整理した「信州たけし里山暮らし暦」づくりに取り組んでいます。このたび、武石地域自治センターを会場に開催されたワークショップでは、松下ゼミの学生がファシリテーターとなって、参加者が3つのグループに分かれて、武石地域の地域資源を季節ごとに再整理する作業や生活季節暦のコンセプトの検討がおこなわれました。

ワークショップの参加者からは、学生とともに意見やアイデアを出し合うことによって、新たな気づきが多く得られたとの声が寄せられていました。8月に予定する第2回目のワークショップは、今回出された生活季節暦を再整理し、それらを活かした住民主体の運営による体験観光プログラムについて、引き続き松下ゼミの運営により検討する予定です。

なお本事業は、上田市とともに推進する「信州上田学」プロジェクトの一環としても実施されています。

  • 2023(令和5年度入試)
  • 資料請求
  • 長野大学りんどう祭
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 学問のミニ講座
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  環境ツーリズム学部の活動
  4.  >  2022年度 環境ツーリズム学部の活動
  5.  >  信州たけし里山暮らし暦づくりワークショップ