グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

古平ゼミ 課題探求ゼミナール

【2022.6.30】
 今年度前学期の課題探求ゼミナールでは、河合雅司『未来のドリル コロナが見せた日本の弱点』をテキストに、コロナによる社会・経済活動への影響について学んでいるところです。そこで千曲市の戸倉上山田温泉にて、実際、観光産業にどのような影響が表れているのか、フィールドワークを実施しました。
当日は、同市歴史文化財センターの稲玉所長をはじめ、信州千曲観光局の山崎様から、千曲市でのワーケーション取り組みなど、コロナ禍での新たな取り組みについて、お話いただきました。
その後ひきつづいて、実際に温泉旅館「荻原館」の女将、荻原様に同温泉の歴史等についてお話いただきながら、館内の見学もさせていただきました。
県外出身の学生が増えている中で、身近な地域に大きな温泉地があることを実感しながら、参加学生各々が、これからの観光産業を考える良い機会となりました。
(担当教員:古平浩)

  • 2023(令和5年度入試)
  • 資料請求
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 夢ナビ「学問のミニ講座」
  • まちなかキャンパスうえだ