グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

環境・地域経済・財政ゼミナール(吉村ゼミ)千曲市姨捨棚田で田植え体験

姨捨棚田の全景

【2021.6.14】
 環境ツーリズム学部の環境・地域経済・財政ゼミナール(吉村武洋専門ゼミナール)は、5月22日(土)に、感染症対策を行ったうえで、千曲市の姨捨棚田において田植え体験をしました。
 姨捨棚田は、文化財保護法に基づく「名勝」の指定を受けているほか、重要文化的景観選定地であり、さらに2020年には上田・塩田平と同時期に、日本遺産「月の都 千曲」に認定された、美しい景観を有する地域です。しかしながら、中山間地域の農地の維持には、平地と比較して人手やコストが必要となります。ゼミでは、姨捨棚田をめぐる現状と課題を各種資料やヒアリング(オンライン)を通じて学んだ後、名勝姨捨棚田倶楽部の皆様のご協力の下、田植え体験をさせていただきました。今後も、中山間地域の農地維持の一端を体験させていただきつつ、こうした地域が維持・発展できるための経済・財政システムのあり方等をさらに学んでいきます。
 名勝姨捨棚田倶楽部の皆様には大変お世話になりました、ありがとうございました。
 なお、吉村教員の専門ゼミナールや大学の講義の内容は以下でも定期的に発信されていますので、ぜひご覧ください。
 https://twitter.com/21yoshimurazemi

棚田での田植えの様子

参加メンバーとの集合写真

  • 2023(令和5年度入試)
  • 資料請求
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 夢ナビ「学問のミニ講座」
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  環境ツーリズム学部の活動
  4.  >  2021年度 環境ツーリズム学部の活動
  5.  >  環境・地域経済・財政ゼミナール(吉村ゼミ)千曲市姨捨棚田で田植え体験