グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 環境ツーリズム学部の活動  > 峰の原高原イグルーづくり、冬キャンプとの協働開催

峰の原高原イグルーづくり、冬キャンプとの協働開催

高原リゾートの活性化・再生手法を学んでいます。


峰の原高原イグルーづくり、冬キャンプとの協働開催(熊谷ゼミ)

完成したイグルーと、制作に参加した学生

 環境ツーリズム学部熊谷ゼミで、高原リゾートの活性化・再生手法を学んでいる学生が、令和3年1月16日、須坂市峰の原高原ペンションスタートライン(オーナー古川茂紀様)とイグルーづくりを行いました。
 イグルーとは、氷雪ブロックを組み上げてつくる小さな小屋で、ブロック切り出し班と組み立て班にわかれ、昨年度より少し大きないイグルーの組み立てに挑戦しました。
 本イベントは、長野県観光推進機構の冬キャンプ体験と協働開催され、学生たちは冬のグランピングの魅力を目の当たりにするとともに、スノートレッキング等のアクティビティも存分に楽しみました。
 1月17日には、ゼミ学習の中で策定してきた空きペンションのリノベーション計画を、オーナーにプレゼンし、その実現に向けた課題や方向性を検討しました。 

GO NAGANO(長野県公式観光サイト)冬キャンプに詳細情報掲載
https://www.go-nagano.net/theme/id=19184

オーナーに空きペンションリノベーション計画を提案