グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 環境ツーリズム学部の活動  > 鹿教湯温泉のホテルと連携した旅行商品造成・販売

鹿教湯温泉のホテルと連携した旅行商品造成・販売

鹿教湯温泉で観光事業の実践や観光まちづくりプランニングに取り組んでいます。


観光事業の実践や観光まちづくりプランニング(観光まちづくり演習)

斎藤駕籠屋(旅行会社)さんとの真剣な企画会議

 環境ツーリズム学部の観光まちづくり演習では、地元の温泉地・鹿教湯温泉の宿泊施設のご協力をいただき、長野県観光部・長野県観光推進機構等と連携して、観光事業の実践や観光まちづくりプランニングに取り組んでいます。
 その一環として6月~9月にかけて、斎藤ホテル・斎藤駕籠屋さん(旅行会社)の鹿教湯温泉発着の着地型旅行商品造成に取り組んできました。学生たちは、 グループ毎に 長野県の観光資源調査を行いそれらを組み合わせた旅行商品を企画・造成して、斎藤駕籠屋さんにその結果を提案しました。その後担当者と企画会議を繰り返して絞り込み、下見で観光資源や観光ルート、食事の確認を行いながら、旅行商品を完成させています。またパンフレットのコピーや記事作成も学生が原案を作成しています。
 斎藤駕籠屋さんの11月版着地型旅行商品では、 「安曇野コース①②」「諏訪コース」 の3つが「長大ツアー」として販売されています。

斎藤駕籠屋ツアーカレンダー
https://www.saito-hotel.co.jp/images/kagoya/calendar/calendar202011-12.pdf

担当者との下見で観光資源や所要時間等を確認

長大ツアーとして販売されている商品概要1

長大ツアーとして販売されている商品概要2