グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 環境ツーリズム学部の活動  > 歴史的町並みの保全とリノベーション等活用手法の研究

歴史的町並みの保全とリノベーション等活用手法の研究

小諸市で歴史的町並みの保全とリノベーション等活用手法の研究をしています。


歴史的町並み調査を活かし、街を舞台にしたクイズラリーを開催(熊谷ゼミ)

こもろっ子王国を企画・運営したゼミ生

 環境ツーリズム学部熊谷ゼミでは、歴史的町並みの保全とリノベーション等活用手法の研究をしています。大学の近隣に位置する小諸市は、かつて城下町であったり、長野県随一の商都だったところで、歴史的建造物や古い町並みが残っていて、ゼミでは4年前から地元の本町まちづくり協議会や町並み研究会と連携し、古い建物が最も機能していた当時の生活様態のヒアリングや、町屋の魅力を市民等に理解していただくフェスタを開催してきました。
 コロナ禍で、まちづくりが停滞したり、子供たちの外遊びの機会が減少するなかで、9月20~21日の連休に、学生たちが町並みや建造物の特徴をクイズにして、親子で参加できるクイズラリー『こもろっ子王国』を実施しました。三密を避けたイベントとしてPRしたこともあり、2日間で、子供さんだけで100人、保護者をあわせると200~300人の参加をいただきました。
 クイズラリーを終えると、手裏剣修行、蜘蛛の巣脱出修行、忍び足修行等の学生が考案した忍者遊びができるよう、コロナ禍だからこそ望まれる楽しいプログラムを提供し、参加者にとても喜んでもらえました。
 なお、本取組は国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」の支援を受けています。

こもろっ子王国のホームページ
https://machifes.wixsite.com/komoro/blank-15

学生の小諸での学習を紹介するホームページ等
http://komoro.in/archives/11831
http://komoro.in/archives/10997
https://www.facebook.com/honmachimachiyakan/photos/pcb.1418008305059371/1418007958392739/?type=3&theater

小諸の町並みの保存・活用に取り組むプランナーのレクチャーを聴講

大きな鏡を残る理髪店をリノベーションしたレストランで食事

2日間で200人以上が訪れたこもろっ子王国

忍者修行のひとつ「くもの巣修行」