グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

占部 城太郎

占部 城太郎

淡水生物学研究所
特任教授
【学位】
1988年 東京都立大学 理学博士

【学歴・職歴】
1982年3月 東京水産大学水産大学資源増殖学科卒業
1984年4月 東京水産大学大学院水産学研究科修士課程修了
1987年3月 東京都立大学理学研究科博士課程 単位取得退学

1987年4月-1989年12月 千葉県教育庁博物館準備室 主事
1989年1月-1993年3月 千葉県立中央博物館 学芸研究員
1993年4月-1995年8月 東京都立大学理学部生物学教室 助手
1994年11月-1995年8月 ミネソタ大学生態進化行動学教室 客員研究員
1995年9月-2003年3月 京都大学生態学研究センター 助教授
2003年4月- 現在 東北大学大学院生命科学研究科 教授
その間 浅虫海洋生物研究教育センター長
生態発生適応科学専攻長
             理学部生物学科長
2019年4月- 現在 日本学術振興会 学術システム研究センター専門研究員(生物班)
2022年4月- 現在 長野大学淡水生物学研究所 特任教授

【学会・社会活動】
2019年-2020 日本生態学会会長
2021年-現在 応用生態工学会会長
2021年-現在 日本陸水学会会長
2010年-現在Oikos 編集委員
2011年-2015年 Limnology編集長
2001年 生態学琵琶湖賞
2014年 日本生態学会賞
2018年先進陸水海洋学会フェロ-(米国)

2022年現在
国土交通省河川生態委員会委員、リバーフロント研究所河川・海岸環境機能等検討委員会委員、水源地環境整備センター水源地生態研究会委員、環境省モニタリング1000陸水域委員会(座長)、河川水辺の国勢調査プランクトンスクリーニング委員会委員、北上川有識者委員会委員、河川生態学術研究会委員、仙台湾里浜ネットワーク

その他の活動
https://researchmap.jp/jotaro.urabe.c1

キーワード
生態学、陸水学、河川・湖沼、海岸、水生生物、プランクトン、生理生態、生物群集、物質循環、生態系

研究テーマ
生態化学量論
物質循環に果たす生物間相互作用の機能的役割
生態系の近過去復元
地球・地域環境変化に対する生物群集の応答
生食・腐食連鎖の駆動制御機構の解明
ミジンコの生理生態と進化生物学
高度画像解析技術を用いたプランクトンモニタリングシステムの開発

研究紹介サイト
https://tohokuecology.jp/aquatic/

主な研究業績
主な研究業績
武田博清・占部城太郎(2006)地球環境と生態系:陸域生態系の科学. 共立出版
占部城太郎(監編訳)湖と池の生物学:生物の適応から群集理論・保全まで共立出版
占部城太郎 編著(2014) 湖沼近過去調査法:より良い湖沼環境と保全目標設定のために 共立出版
占部城太郎 (2016) 津波でわかった生物群集の成因. In 生態学が語る東日本大震災 日本生態学会東北地区会編 文一出版
占部城太郎(2017)湖沼堆積物から阿寒湖の歴史を再現する. In 阿寒湖の自然:最新研究が解き明かす「火山・森・湖」とアイヌ民族の物語(佐藤謙・日野修次・和田恵治・若菜勇 監修) 釧路叢書 第37巻
占部城太郎 訳 (2022) 湖の科学 共立出版
占部城太郎・日浦 勉・辻 和希(編集) 生態学フィールド調査法シリーズ 1〜11 共立出版
Urabe, J. (2021) Ecological responses to the direct and indirect disturbances by the Great East Japan Earthquake, 2011. Ecological Research. 36: 932-934. (Editorial preface of the virtual issue)
Yamada, S., J. Urabe. (2021) The death feigning behaviors increase the survival rate of littoral cladocerans under predation by odonate larvae. Freshwater Biology, 66: 2030-2037.
Kazama, T., J.Urabe*, M. Yamamichi, K. Tokita, X. Yin, I. Katano, H. Doi, T. Yoshida, N. G. Hairston Jr. (2021) A unified framework for herbivore-to-producer biomass ratio reveals the relative influence of four ecological factors. Communications Biology, 4: 49. https://doi.org/10.1038/s42003-020-01587-9
Maruoka, N., J. Urabe. (2020) Inter and intraspecific competitive abilities and the distribution ranges of two Daphnia species in Eurasian continental islands. Population Ecology, 62: 353-363.
Zhang X., H. Ohtsuki, W. Makino, Y. Kato, H. Watanabe, J. Urabe* (2020) Variations in effects of ectosymbiotic microbes on the growth rates among different species and genotypes of Daphnia fed different algal diets. Ecological Research, 36: 303-312
Yuhara T, H. Ozaki, T. Suzuki, J. Urabe. (2019) Factors shaping the macrobenthic animal assemblages in a newly formed tidal flat by the Great East Japan Earthquake. Estuarine, Coastal and Shelf Science. 229: 106382.
Evans-White1, M. A, Z. G. Cardon, J. A. Schweitzer, J. Urabe and J. J. Elser (2019) Emerging Frontiers in Ecological Stoichiometry. Frontiers in Ecology and Evolution, 7: 463.
Tian X., H. Ohtsuki, J. Urabe (2019). Evolution of asexual Daphnia pulex in Japan: variations and covariations of the digestive, morphological and life history traits. BMC Evolutionary Biology, 19: 122.
Gurung, A., T. Iwata, D. Nakano, J. Urabe (2019) River Metabolism along a Latitudinal Gradient across Japan and in a global scale. Scientific Reports 9, Article number: 4932
Yamamichi, M., T. Kazama, K. Tokita, I. Katano, H. Doi, T. Yoshida, N Hairstorn Jr., J. Urabe. (2018) A shady phytoplankton paradox: When phytoplankton increases under low light. Proceedings of the Royal Society B 285 20181067
Urabe ,J., Shimizu, Y., Yamaguchi, T. (2018) Understanding the stoichiometric limitation of herbivore growth: the importance of feeding and assimilation flexibilities. Ecology Letters, 21:197-206. 

全業績リストは下記参照
https://scholar.google.com/citations?user=Y4rGJ1kAAAAJ&hl=en
https://orcid.org/0000-0001-5111-687X
https://publons.com/researcher/2759749/jotaro-urabe/

主な競争的資金
2021年 - 2026年 生物と人の接触から生じるリスクと生物多様性の最適バランス:生態学と経済学の融合(科研費挑戦的開拓・分担)
2021年 - 2024年 湖沼生態系に及ぼす生食・腐食連鎖を介した落葉起源有機物の化学量効果(科研費基盤研究(B) ・代表)
2021年 - 2024年 高度画像解析技術を用いたプランクトンモニタリング手法に基づく湖沼生態系監視技術の開発 (環境省環境研究総合推進費・代表)
2021年 - 2023年 湖沼生態系に及ぼす生食・腐食連鎖を介した落葉起源有機物の化学量効果(科研費特別研究員奨励費)
2021年 - 2023年 阿寒湖保全のための環境DNAを活用した「近過去100年生物群集まるごと復元」に関する研究(旭硝子財団)

その他は下記参照
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200901013434838412
https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000050250163/

可能な共同・受託研究のテーマ
・河川・生態系及び淡水生物の保全
・プランクトン等水生生物の資源活用
・生物自動モニタリング技術の開発
・生物多様性・生態系評価
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 資料請求
  • 学問のミニ講座
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  教員紹介
  4.  >  占部 城太郎