グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 繁成 剛

繁成 剛

繁成 剛

社会福祉学部
社会福祉学科 教授
【学位】
博士(医療情報学)

【学歴・職歴】
1979年〜1999年 北九州市立総合療育センター リハビリ工学技士
1999年〜2001年 北九州市テクノエイドセンター リハビリ工学技士
2001年〜2007年 近畿福祉大学 社会福祉学部 福祉産業学科 教授
2007年〜2020年 東洋大学 ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科 教授


キーワード
福祉用具、支援技術、工業デザイン

研究テーマ
重度障害児を対象としたテクノエイドのデザイン
発達障害児のための遊具のデザイン
高齢者の座位姿勢を改善する椅子とクッションの開発研究
被災地支援に活用できる段ボール家具の開発研究

主な研究業績
「障害児のためのテクノエイド」共著 ぶどう社 1987年
「体幹前傾姿勢を応用した姿勢保持装置および歩行器のデザインと効果に関する研究」川崎医療福祉大学博士論文2006年
「小児から高齢者までの姿勢保持」共著 医学書院 2012年
「車椅子シーティングー理論と応用ー」共著 はる書房 2014年
「強化段ボールを使ったテクノエイド」共著 はる書房 2018年
「テクノエイド物語」フレーベル館 2020年

地域活動
北九州市おもちゃライブラリー顧問 2001年〜現在に至る
社会福祉法人「昴」評議員 2011年〜現在に至る
認定NPO法人全国おもちゃの図書館連絡会相談役 2011年〜現在に至る
ウェルフェアデザインコンテスト審査委員 2013年〜
社会福祉法人「シンエイ福祉会」評議員 2015年〜

可能な共同・受託研究のテーマ
・長野県産木材を使った遊具の研究開発
・高齢者を対象とした座りやすく立ちやすい椅子の研究開発
・強化段ボールを使った災害時の環境を改善する生活用具の開発

高校生向け講義
・どんな椅子が座りやすいだろう
・車いすの秘密
・遊びとおもちゃの話

一般向け講義
・座りやすい椅子のデザイン
・車いすの選び方・使い方
・子供の発達を促すおもちゃ