グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 赤塚 正一

赤塚 正一

赤塚 正一

社会福祉学部
社会福祉学科 教授
【学位】
博士(教育学)

【学歴・職歴】
立命館大学文学部地理学科卒業
明星大学通信制大学院人文学研究科教育学専攻修士課程修了
明星大学通信制大学院人文学研究科教育学専攻博士課程修了
長野県内中学校社会科教諭、特別支援学校教諭、長野県総合教育センター専門主事(特別支援教育)
上田女子短期大学幼児教育学科専任講師
   
キーワード
発達障害・巡回相談・障害のある子の個別支援計画

研究テーマ
配慮を要する子(発達障害を含む)の地域の発達支援システムの構築

主な研究業績
・赤塚正一(2019)特別な配慮を必要とする幼児の就学期の移行支援システムの構築-人口3万人規模の
  地域における実践的研究-明星大学通信制大学院紀要第18号PP.99-107.
・田中雅子・赤塚正一・奥住秀之ら(2015)特別支援学校のセンター的機能の現状と課題.日本特殊教育学会
  第54回大会自主シンポジウム話題提供.
・渡辺匡隆・赤塚正一・藤原洋樹・園山繁樹(2014)実践研究のまとめ方-特別支援教育に関する実践知の蓄積と共有のさらなる充実を目指して
  -日本特殊教育学会第53回大会学会企画シンポジウム1話題提供.
・赤塚正一(2013)通常の学級に在籍する発達障害のある児童の保育所・小学校間の移行支援に関する
  実践的研究.特殊教育学研究第51巻3号PP.311~319.
・赤塚正一・大石幸二(2013)就学期の移行支援体制づくりに関する実践的研究-地域における
  特別支援学校のコーディネーターの役割と課題. 特殊教育学研究第51巻2号PP.135~145.

地域活動
・保育園、小中学校、高等学校などでの発達障害に関する研修会講師
・教育委員会、PTA、地域の人権研修会等における発達障害に関する講演
・高等学校における特別支援教育の推進のための支援(東御清翔高校を中心とする東信地区の高校)
・小中学校の通常の学級における個別の指導計画の作成・活用に関する支援(上田市)
・坂城町教育支援委員会委員(2015年度~2018年度)
・佐久市教育支援委員会委員(2013年度~2015年度)

可能な共同・受託研究のテーマ
・地域の就学支援システムの推進 
・通常の学級の授業のユニバーサルデザイン化
・配慮を要する生徒の中学校から高等学校への移行支援

高校生・一般向け講義
・発達障害の理解と支援に関する内容