グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

ウナギに関する第1回科学者会合が開催され、長野大学からは箱山教授とFaulks教授が講演をします

【2022.4.11】
 令和4年4月13-14日、The 1st Scientific Meeting on Japanese Eel and Other Relevant Eelsが水産庁の主催で行われます。この科学者会合はウナギの国際的資源保護・管理に係る非公式協議(非公式協議)での合意を受けて、日本、中国、韓国、チャイニーズ・タイペイ、欧州のヨーロッパウナギの研究者が参加して行われるものです。長野大学からは箱山 洋教授とLeanne Faulks教授が、それぞれ講演を行うとともに、今後の国際共同研究についても議論を行う予定です。

Leanne Faulks, Researcher/Guest Associate Professor at Institute of Freshwater Biology, Nagano University, leanne-faulks@nagano.ac.jp
"Inferring the Demographic History of Japanese Eel (Anguilla japonica) from Genomic Data: Insights for Conservation and Fisheries Management"

Hiroshi Hakoyama, Director of Center (Professor) at Institute of Freshwater Biology, Nagano University, hiroshi-hakoyama@nagano.ac.jp
"Impacts of the Kuroshio Current on the annual fluctuation of the glass eel recruitment to Japan"
  • 資料請求
  • 長野大学りんどう祭
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 学問のミニ講座
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  淡水生物学研究所の活動
  4.  >  2022年度 淡水生物学研究所の活動
  5.  >  ウナギに関する第1回科学者会合が開催され、長野大学からは箱山教授とFaulks教授が講演をします