グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

増成ゼミLove NAGANO・一輪挿しのデザインで信州・長野・上田らしさを提案

【2023.1.23】
 増成ゼミ1年生科目「課題発見ゼミナール」後半課題は、プロダクトデザインです。信州・長野・上田らしさを「一輪挿し」デザインで表現しました。

 グループで課題解釈、着眼点、コンセプトについてブレーンストーミングを行い、個人でスケッチワークによるアイデア展開を行いました。アイデアはグループで検討してブラッシュアップを重ね、必要に応じてラフモデルも作成しました。

 デザインはグループワークと個人ワークの繰り返しでより良い解を求めていく作業です。制作過程ではユーザー視点、空間との関係、伝えるためのプレゼンテーションについて検討しました。一連のプロセスを経験することでデザインの基礎スキルを身に着けることができます。

  • 2023(令和5年度入試)
  • 資料請求
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 夢ナビ「学問のミニ講座」
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  企業情報学部の活動
  4.  >  2022年度 企業情報学部の活動
  5.  >  増成ゼミLove NAGANO・一輪挿しのデザインで信州・長野・上田らしさを提案