グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

5名の語り部の皆さんから聴き取りを行いました。

【2022.6.13】
社会福祉学部山浦ゼミでは、6月3日(金)上田市浦野公民館にて太平洋戦争当時の暮らしを中心に5名の体験者の皆さんから戦争当時のお話を聴くことができました。  
公民館に到着するとすでに皆さんが着座されておりやや緊張気味のご様子でした。自己紹介を終えて、1対1の対面式の聴き取りを始めました。話し始めると皆さん柔和な表情になりお孫さんにお話ししているような雰囲気で気さくにお話ができました。

 参加された方々は、96歳を最高にほとんどの方が90歳を超えていらっしゃいました。皆さんお元気で当時の日常の暮らしぶりを具体的にお話しいただきました。二人の兄を戦争で失った方の辛く悔しかった思い、買い出しに来られた方に「もうひと掬い」のお米をおまけしてあげた心持ち。もっと英語の勉強をしたかった。「敵国のことば」だからという理由であきらめざるを得なかった。村を挙げて出征兵士を見送った。でも、帰ってきたときは「白木の箱」の中に納められての帰還だった。小学校に集まって葬儀をおこなったが、子ども心にとても悲しかったことなど生々しい現実が語られた。
 約90分という限られた時間でしたが、私たちは、お一人お一人のことばをしっかりと受け止めて語り継いでいかねばという思いを強くさせられました。ご協力いただいた浦野地区の皆様本当にありがとうございました。

  • 資料請求
  • 長野大学りんどう祭
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 学問のミニ講座
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  社会福祉学部の活動
  4.  >  2022年度 社会福祉学部の活動
  5.  >  5名の語り部の皆さんから聴き取りを行いました。