グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャンパスライフ  > 学生支援  > 特待生・奨学金制度

特待生・奨学金制度

このページの目次


特待生

「成績・人物ともに優秀な学生」に対しては、特待生として奨学金を給付する制度があります。
募集は毎年4月に行ないます。

給付額:令和2年度については未定です

採用者数:若干名

対象者:基準以上の成績を修め、特待生として申請した人の中から選考します。
    なお、申請の条件は次の通りです。

(1)2年生~4年生の学部生

(2)各学年ごとの取得単位数
2年生 1年次終了までに36単位以上を取得
3年生 2年次終了までに72単位以上を取得
4年生 3年次終了までに108単位以上を取得
3年次編入 2年次終了または3年次編入時点で62単位※以上を修得 ※読替単位を含む
4年次編入 3年次終了までに98単位以上を修得

(3)前年度の履修科目で優以上の成績の科目割合が80%以上である

(4)前年度の履修科目の中に科不可がない

(5)前年度の履修科目の中に可が2科目以上ない

公的な経済支援制度

経済的に困難な学生に対しては以下の推薦及び取り扱いを行なっています。

・日本学生支援機構奨学金(貸与) 日本学生支援機構(別ウィンドウで開きます)
・地方公共団体奨学金(貸与・給付)
・民間育英事業団体奨学金(貸与・給付)

民間の奨学金制度のうち財団法人信濃育英会が実施している「明るい社会に貢献する奨学生」の採用報告です。
当該奨学金は、社会貢献活動に取り組む県内外の学生に奨学金を贈るものです。