グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > Campus Activites  > 心理学教員が参加している研究グループがストレス緩和のための技法を解説したリーフレットを作成

心理学教員が参加している研究グループがストレス緩和のための技法を解説したリーフレットを作成

 長野大学の心理学教員4名を含む長野大学と東北大学の共同研究グループは、コロナ禍のストレスの実態調査と,ストレス緩和に向けた健康教育活動に向けた研究に鋭意取り組んできました。
 この研究活動の一環として,マインドフルネス瞑想とコンパッション瞑想を含む「瞑想トレーニング」の資料と、代表的なリラクセーション技法である「自律訓練法」に関する資料のリーフレットを作成しました。


詳細は、こちらから