グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




入試情報

不正行為の取り扱いについて

1 不正の対象となる行為
次の行為は、不正行為となります。
①受験票、写真票、回答用紙へ故意に虚偽の記入等をすること。
②カンニング(試験教科・科目に関係するメモやコピーなどを机上等に置いたり見たりするこ
と、教科書、参考書、辞書等の書籍類の内容を見ること、他の受験者の答案等を見ること、
他の人から答えを教わることなど)をすること。
③他の受験者に答えを教えたりカンニングの手助けをすること。
④配布された問題用紙(冊子)をその試験時間が終了する前に試験室から持ち出すこと。
⑤解答用紙を試験室から持ち出すこと。
⑥解答開始時刻(監督者の指示)の前に、問題用紙(冊子)を開いたり解答を始めること。
⑦試験時間中に、携帯電話、スマートフォン、ウェアラブル端末、電子辞書、ICレコーダー等
の電子機器類を使用すること。
⑧試験時間中に、定規、コンパス、電卓、そろばん、グラフ用紙等の補助具を使用すること。
⑨解答終了時刻(監督者の指示)後も「終了」の指示に従わず筆記用具を持っていたり解答を
続けること。

2 不正行為を行った場合の罰則
不正行為を行った場合、その場で受験の中止と退室を指示します。また、特に悪質な不正行為については、警察に被害届を提出する場合があります。
  1. ホーム
  2.  >  入試情報
  3.  >  2023(令和5)年度入試
  4.  >  不正行為の取り扱いについて