COC+「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」

「分かる」「見える」共に育み成長する喜び

長野大学COC+事業概念図

長野大学COC+事業概念図

「COC+」とは
文部科学省平成27年度からの事業です。大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的とする事業です。

COC+事業概要

COC+事業の目的は「大学が地方公共団体や企業と恊働して、学士にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することで、地方創成の中心となる「ひと」の地方への集積をすること」にあります。
また、本学は来年度より公立大学法人化され、地域の中心的大学の役割を果たすことを期待されており「地域人材循環システム」「地域課題解決システム」の構築を提唱しています。その中で「地域人材循環システム」はCOC+事業の目的と重なり、本事業としても地域に開かれたオープンなシステムとして人材育成・発掘・活用に繋がる「地域基盤キャリア教育プラットフォーム」を構築することを想定しています。
長野大学としての目指すべきCOC+の在り方として、学生+大学+企業間で『「分かる」「見える」共に育み成長する喜び』の共有できる仕組みづくりの構築に取組みます。
具体的には
●職業観養成科目間と正課とが連動したキャリア教育カリキュラム
●課題解決型インターンシップの取組みと、自分の成長と課題について学生自身が理解し習得するカリキュラム
●日常の活動に溶け込み使用できるポートフォリオシステムと自己成長評価の見える化
●地域企業と学生との交流による人材と企業とのマッチング
●ゼミ活動、サークル活動におけるプロジェクト型学習による、学生の成長評価の見える化
明確なデータベース化を図ると共に、目的を実現するための仕組みの整備を、学生、大学、地域とが一丸となって「共に育み、成長を喜び」合える仕組みを力強く進めていきます。

キャリア形成ポートフォリオ アプリ開発

キャリア形成ポートフォリオアプリ_イメージ図

COO+では、信州大学と連携したキャリア形成ポートフォリオの開発を進めており、その一貫として、活動の記録をポートフォリオ作成に反映しやすい利用ができるアプリ開発を進行中です。
本年度は、インターンシップ等の活動記録についてテスト運用から開始し、学生自らが使い易く、自己成長や振り返りが分かりやすいアプリの開発に取り組んでいます。

信州学生サミット

信州学生サミットは、長野県内で「信州らしい」活動をしている学生やその団体の情報発信と交流の場です。「長野のここが好き!」や「もっとこうなれば魅力的な地域になるかも!」などの若者同士が意見を交わし合い、信州の未来を考える拠点をつくる目的で、学生が自ら主体的につくり、始まりました。