上田信用金庫と連携協定を締結

 10月3日、上田信用金庫との連携協定締結に関する調印式が行われ、本学の白井汪芳理事長と上田信用金庫の小池文彦理事長が協定書に署名し正式に協定を締結しました。

 協定は、双方が持つ資源を生かして地域の発展のために連携することを目的としており、産学官金連携、地域産業の振興、若者の地域内定住促進、教育・研究に関する内容が盛り込まれています。

 本学にとっては、地域の企業でのインターンシップの機会の増加や研究に対する支援などが期待されると共に、地元企業の製品等の販路拡大に関する学生の若いアイディアを提供するなど地域の発展につながるものです。

 調印式で白井理事長は「長野大学はこの地に生きる教養ある職業人を育成することをめざして、さまざまな取り組みをしている。地域密着型金融機関である上田信用金庫と協定を締結できることは大変意味のあること」とあいさつしました。

白井理事長(右)と上田信用金庫小池理事長

白井理事長(右)と上田信用金庫小池理事長