【硬式野球部】関甲新学生野球連盟で活躍

10月1日、関甲新学生野球連盟の3部リーグに所属する長野大学は、秋季リーグの5戦目(会場:新潟大原ベーマガ球場)で高崎経済大学との試合を行い3対2で勝利しました。秋季リーグでは第1戦目の東京福祉大学との試合でも勝利しており2勝目となりました。

主将の引木拓己さん(環境ツーリズム学部3年)は、この日先発ピッチャーとしてマウンドに上がり、先制されながらも粘り強いピッチングで9回を投げ切ると、引木さんの投球に応えたい打線は、8回に中島健さん(環境ツーリズム学部3年)のホームランで3点を奪い逆転。終盤に打線がつながりリーグ戦2勝目をあげました。

 硬式野球部は、今年の春季リーグ戦から5年ぶりに関甲新学生野球連盟に加盟しましたが、春季リーグでは勝つことができず、「まずは1勝」を目標に15名の部員と4名のマネージャーで講義の始まる前の早朝や終了後の夕方、休日などに練習を重ねてきました。
 引木さんは「現在リーグ戦は2勝3敗。残り2試合あるのでしっかりと準備し、2勝して勝ち越したい」と意気込みを話してくれました。
 次の試合は10月8日(日)に信州大学(会場:山梨学院大学野球場)、9日(月)に群馬パース大学(会場:群馬県 昭和村野球場)です。皆様の応援をよろしくお願いいたします。

秋季リーグ第5戦 高崎経済大学戦  会場:新潟大原ベーマガ球場

altが入ります
大学名123456789
高崎経済大学0010001002
長野大学0000000303

秋季リーグ戦のようす