福祉心理コースについて

科学的な視点から心理の動きを見つめられる人になる

福祉心理コースでは、社会福祉・精神保健福祉の専門科目を学びながら、カウンセリングや心理テスト等の心理学的知識や技術を身につけ、人の心の動きに寄り添って気持ちを通わせられる社会福祉士と認定心理士の両資格を有した人材の育成をめざしています。

卒業後は、取得資格を活かし、医療機関等での心理判定員やカウンセラー、スクールカウンセラー等をめざします。
また、大学院に進学すれば臨床心理士資格取得も可能です。

【福祉心理コースの学びの特徴】
①社会福祉士資格と認定心理士資格の両資格取得をめざす
②カウンセリングや心理テスト等の心理学的知識や技術を修得することができる
③学校支援ボランティアを通じて実践的な学びができる

【福祉心理コースの目標】
①アンケート調査やデータ分析に精通する → 「数字に強い」
②カウンセリング心理テストの知識と技能を身に付ける → 「こころがわかる」

【福祉心理コースでめざせる資格】
①認定心理士
②心理学検定
③社会福祉士

【福祉心理コースでめざす職業】
①医療機関、児童福祉施設での心理判定員、カウンセラー
②スクールカウンセラー
③福祉施設等の指導員、生活支援員、介護職員
④公務員(社会福祉職)
⑤民間企業
⑥大学院進学(臨床心理士)