グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学概要  > 同窓会・後援会  > 長野大学同窓会  > 同窓会長あいさつ

同窓会長あいさつ

長野大学同窓会会長 山邉正重

長野大学同窓会会長 山邉正重

 1万3千名余の同窓生の皆様、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
 平成27年度の定期総会を5月13日(土)に開催いたしました。平成26年度事業報告、同決算報告、平成27年度事業報告、同予算案などすべての議案を承認していただき、新しい年度の事業が順調に推移しております。
本年度の事業の軸は、平成28年度に控えた長野大学創立50周年事業にむけた大学との連携強化策として、同窓会に企画委員会を設け、大学の事業推進の一翼を担えるよう提案していこうというものです。大学と同窓会の発展は同じことを意味します。この精神で大学を支援していく所存です。
 さらに、公立大学法人化の動きも活発にみられます。平成27年9月30日に上田市議会が「長野大学公立大学法人化研究委員会」を、10月1日に上田市に公立大学法人化準備室を設置し、平成29年4月の公立大学法人化に向けた準備が進んでおります。母袋上田市長は、「地域の企業や団体が真に求める人材を育成して社会に送り出すことで、地元への定着や県外出身の学生の定住にもつながることから、こうした人の循環をつくることにより、地域の活性化や地方創生を目指す上田市にとって、公立大学は大きな役割を果たすと考えます。」との認識を明言されています。
創立50周年の節目に長野大学と同窓会が一丸となって、地域に貢献する大学となるよう卒業生、市民の代表として組織的に支援していく所存です。
 同窓生の皆様におかれましては、「汗馬の労」となりご協力くださいますようお願い申し上げます。