グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学概要  > 調達・契約

調達・契約

お取引先の皆様へのご案内

公立大学法人長野大学への制度移行に伴う会計処理について

長野大学は、平成29年4月1日から地方独立行政法人法に基づく公立大学法人長野大学となりました。
公立大学法人への移行に伴う会計処理の取扱について、次の通りお知らせしますので、ご理解とご協力
を賜りますようよろしくお願いいたします。

(1)見積書および請求書等の宛名は、「公立大学法人長野大学理事長白井汪芳」としてください。
(2)支払関係書類には日付、法人(御社)名、代表者の肩書・氏名の記載及び社印・代表者の押印をお願
  いします。
(3)取引に係る見積書等関係書類の金額には、法人で特に指定した場合を除き、単価に消費税を含んだ額で
  記入していただきますようご協力願います。
(4)納品・完了の際は、必ず納品書(完了届)を提出し、事務局担当課にて納品(完了)検査を受けてくだ
  さい。
(5)取引代金については、請求に基づき法人が口座振込みにて支払います。支払いについては、毎月末日に
  まとめて行うことを予定しています(支払予定日が銀行の休業日に当たる場合は、その前営業日)。
(6)一般競争(指名競争)入札等の参加資格については、上田市における一般競争(指名競争)入札の参加
  資格を有する方を、法人の一般競争(指名競争)入札の参加資格を有するものとします。

2 見積・発注・納品・請求の取扱について

【見 積】
見積書は原紙をご提出ください。
予定価格が10万円以上の場合は、2者以上、100万円以上の場合は、3者以上の見積書を徴収します
(契約の目的又は性質その他やむを得ない理由により相手方が特定される場合を除く)。

【発注】
発注金額が、10万円以上の場合には「請書」または「契約書」、50万円以上の場合には「契約書」の
締結が必要となります。

【納品(検収)】
必ず事務局担当窓口へ「納品書」と一緒に、物品等(成果物)を搬入してください。
この場合、「納品書」が「〇〇一式」であるなど具体的な明細がない場合には、数量や項目を明記した
明細書も添付してください(請求書も同様)。
大型機械等特殊な役務等の物品で窓口検収ができない場合は、事前に事務局担当者に相談してください。

【請求(支払)】
納品等の検収が完了した場合に、請求書を受理します(場合によっては、納品書と請求書を同時に提出
しても差し支えありません)。
請求代金は、当月末締め、翌月末払いにて指定口座に振り込みます(支払予定日が銀行の休業日に当たる
場合は、その前営業日)。ただし、契約書において別に定めている場合はこの限りではありません。

【提出書類の宛先】
見積書・納品書(完了書)・請求書の宛名は、「公立大学法人長野大学理事長白井汪芳」としてください。
記載内容に誤りがあるときは、支払期日に影響が出る場合がありますので、ご協力をお願いします。

3 提出書類及び確認書類

(1)10万円以上の発注の場合
「請書」または「契約書」を締結します。
(2)50万円以上の発注の場合
「契約書」を締結します。
複数業者の入札による発注の場合は、入札者心得を必読のうえ、ご参加ください。入札書
(必要であれば委任状)には、必要事項を記入いただき、代表者印及び社印の押印をお願いします。

入札心得及び提出書類


4 長野大学あて請求書等について

(1)長野大学から業者の皆様にお願いしたい事項
 ・大学との契約に関して作成される請求書、見積書、納品書、申請書、報告書、完成届などの書類
(以下「請求書等の書類」という。)には、必ず日付をご記入ください。
 ・日付の記載がないされないままで提出された場合には、皆様に自ら日付を記載していただくことと
 なりますので、ご協力をお願いします。
 ・請求書等の書類を大学に郵送されるときは、書類作成後、できるだけ早く大学に到達するようご配慮
 ください。

(2)請求書の提出にあたってご注意いただきたい事項
 ・請求金額及び請求内容を明記いただくとともに、請求年月日を忘れずに記入してください。
 ・請求書の宛名を、「公立大学法人長野大学理事長白井汪芳」を記入してください。
 ・請求書には見積書(入札書)及び契約書と同一の印鑑を使用してください。
 ・個人(個人事業主)の場合には、住所、照合又は屋号(ある場合)及び指名を記載の上、個人
 (代表者)の印を押してください。
 ・振込先口座情報(金融機関名、支店名、預金種別、口座番号、口座名義人(フリガナ))を
 記入してください。


問い合わせ先 
   公立大学法人長野大学施設・管財・契約担当
   電話番号 (0268)39-0220