グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学概要  > 長野大学について  > シンボルマーク、ロゴマークについて

シンボルマーク、ロゴマークについて

 「長野大学」の「長」を、信州の大自然から伸び伸びと飛び立つ鳥としてイメージし、本学がめざす「地域の未来を創造・デザインする人材の育成」を表現しています。
 青は上田の青空、緑は大学を囲む豊かな自然、そして真田の赤備えを意識した赤は、学生・教職員の情熱を意味しています。
【制作: 馬場雄二氏(ヴィジュアルデザイナー、上田市出身)】

2018年4月2日、報道機関向けの披露式の様子

新しいシンボルマーク、ロゴマークを発表する中村学長、白井理事長、馬場氏

シンボルマーク、ロゴマークを発表する中村学長、白井理事長、馬場氏

正門に飾られたシンボルマーク、ロゴマーク

正門に飾られたシンボルマーク、ロゴマーク