グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学概要  > 教員養成に関わる情報

教員養成に関わる情報

(a)教職教育理念

◎本学の教員養成理念
  自ら学ぶことを通して生徒の学びの支援し、科学的知見及び幅広い社会的視野に根差した教養を身につけ、地域
  社会やひとびとの生活にもまなざしを向けられる教員を養成する。

◎社会福祉学部の教員養成理念
  教科指導はもちろんのこと、現代社会に不可欠の福祉的な発想と教養を備え、ソーシャルワークの対人援助技術
  を身につけた教員を養成する。

◎環境ツーリズム学部の教員養成理念
  社会科学的知見と幅広い教養に裏づけられ、地域社会に貢献しうる問題発見、解決能力のある使命感・責任感、
  社会性と指導力を持つ教員を養成する。

◎企業情報学部の教員養成理念
  社会科学と情報科学の知見に裏づけられた課題発見・問題解決能力を備えた教員を養成する。

(b)教職課程担当教員

(c)授業科目、科目ごとの授業方法

(d)卒業者の教員免許状取得状況

(e)卒業者の教員への就職の状況に関すること

(f)教員の養成に係る教育の質の向上に関する取組

◎教職課程推進室の設置
  教職教育にかかわる研究と開発、および教職課程を履修する学生の支援のために、教職課程推進室を設置して
  いる。

◎学生の個別指導および卒業後の指導
  教職課程に所属する学生は、1年次より個別の指導担当教員が配置され、卒業まで個別指導をうける体制をとっ
  ている。それにより学生は、よりきめ細かい指導、相談等の支援をうけ、教員への道を目指している。
  また、卒業後においても指導(卒後指導)をおこなっている。これは、卒業後に各学校等に配属された卒業生の
  教員や、卒業後も教員を目指している卒業生に対し、指導や助言をおこなうとともに、現況を把握することによ
  り、在学生へのフィードバックにも寄与している。

◎教員養成特別プログラム
  教職課程で学ぶ”教員として身につけるべき知識”とともに、教育の現場で教員の仕事を体験する現場体験実習と
  教育採用試験対策講座を両輪に、”教員採用試験で求められる知識・技能・マインド”を磨くためのコースを設置
  している。
   ⇒教員養成特別プログラムのページへ