グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > CGデザインラボ完成

CGデザインラボ完成

「CGデザインラボ」に最新のCG・デザイン用のコンピュータが導入されました。

2007年9月、長野大学に最先端のCG制作環境が整った演習室「CGデザインラボ」が誕生しました。
企業情報学部は、経営と情報工学に加えて、CG、色彩、デザインを重要な教育分野と位置づけています。
企業情報学部の学生は、大型液晶ディスプレイ、大容量メモリ(3GB)、プロ仕様のグラフィックスハードウェア(nVidia社製QuadoroFX)を搭載したコンピュータを自由に使うことができます。
「CGデザインラボ」のコンピュータには、3DCG制作用ソフトウェアとして、 Autodesk Mayaがインストールされています。このソフトウェアは、実際に映画やコンピュータゲームの映像制作の現場で最先端のプロフェッショナルが使用しているものです。
さらにこれらのコンピュータには、デザイン業界の標準ツールの最新版であるAdobe CS3(Photoshop, Illustrator, Premire, Flashなど)が導入されました。これによりイラスト作成、製図、画像編集、ビデオ映像編集のためのプロフェッショナル用の作業環境が整えられたことになります。
そしてB0サイズで印刷可能なフルカラープリンタも用意されているため、学生の作品を巨大なポスターとして作成することができます。
この環境を最大限に活用して、あなたの感性・デザイン・技術をともに育てていきましょう。

最新鋭のCGデザイン環境!!

映像作成の様子

フルカラーの大型プリンタでのポスターづくり