グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【速報】長野大学 企業情報学部の学生が開発した「デジタル展示システム」が国立歴史民俗博物館で春休み期間中公開!

【速報】長野大学 企業情報学部の学生が開発した「デジタル展示システム」が国立歴史民俗博物館で春休み期間中公開!

国立歴史民俗博物館で企業情報学部の学生が開発した「デジタル展示システム」が公開されました。


展示の概要

国立歴史民俗博物館エントランスホール

国立歴史民俗博物館エントランスホールに展示されたデジタル展示システムと企業情報学部4年の宮下さん

企業情報学部4年生の宮下朋也さんが、夢チャレンジ制度の支援を受けて開発した「デジタル展示システム」が千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館の正面玄関エントランスホールで展示されています。

今回展示される「デジタル展示システム」は企業情報学部の田中法博ゼミナールで開発しているソフトウェア技術がベースになっており、また、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の鈴木卓治先生との共同研究の一環として行われています。

【展示期間】
  2012年3月24日(土)~4月8日(日)
【場所】
  国立歴史民俗博物館 正面玄関エントランスホール
【展示される文化財など】
  東京国立博物館 応挙館、庭園、信州大学繊維学部講堂、長野県坂城町日本刀

本学のシステムを楽しむ来館者

家族で本学のシステムを楽しむ来館者

本学のシステムを楽しむ来館者(子供)

本学のシステムを操作して楽しむ小学生:機器に触れずに人間の身振りだけでシステムを操作できるので、お年寄りから子供まで好評でした。

3月24日オープンキャンパスとの連携

公開初日の3月24日(土)は本学のオープンキャンパスと同時開催でした。
開催の様子は、本学と国立歴史民俗博物館をUStreamでつないで生中継しました。
双方向通信をしたのですが、会話に時間差があって違和感はあったものの宮下さんと高校生は楽しく会話できました。

Ustream 中継の様子

Ustream 中継の様子

Ustream 中継では鈴木先生の協力

Ustream 中継では国立歴史民俗博物館の鈴木卓治先生がデモにご協力いただきました。