グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 企業情報学部学生が日本色彩学会 全国大会で研究成果を発表

企業情報学部学生が日本色彩学会 全国大会で研究成果を発表

企業情報学部学生が独自の3DCG技術を日本色彩学会で発表


日本色彩学会の全国大会で研究成果を報告した企業情報学部の学生グループの活動報告です。

合津さんの発表の様子

企業情報学部 3年生の合津さんの発表の様子

望月さんの発表の様子

産業情報学科4年生の望月さんの発表の様子

荒井さんの発表の様子

産業情報学科4年生の荒井さんの発表の様子

発表準備をする学生

学会が始まる前に会場で発表準備をする本学学生

発表の概要

日本色彩学会 第40回全国大会が2009年5月16日(土)-17日(日)の期間,慶応義塾大学日吉キャンパスで開催されました.今回の大会では本学からは3件の研究成果が報告されました.ここでは本学 企業情報学部田中法博ゼミで開発した最新の3DCGソフトウェアに関する技術の発表とソフトウェアのデモンストレーションが行われました.

日本色彩学会全国大会では,大学関係者だけでなく多くの企業からも参加者が集まり,大変盛況な大会となりました.

発表した論文

1. 分光ベース全方位光源分布を用いたレンダリング手法
 合津正史,高橋明誉,田中法博,禹在勇(長野大学 企業情報学部)

実際のシーンの照明環境下でCGを高速かつリアルにレンダリングする研究です.長野大学のリブロホール内の照明環境を計測して,そのシーンの中で仮想物体をレンダリングしました.

2.GPU を用いた日本刀のリアルタイムレンダリング
 望月宏祐,林一成,田中法博,禹在勇(長野大学 企業情報学部)

長野県坂城町の宮入刀匠が作刀した実際の日本刀を計測して3DCGで再現する研究です.リアルな日本刀のCGを再現しました.

3. GPU を用いた人の肌と化粧品の3DCG 再現
 荒井甫,北原大智,田中法博,禹在勇(長野大学 企業情報学部)

人間の肌と化粧品を3DCGで再現する研究です.人間の肌の分光反射率(色)や3次元的な反射光強度分布を計測して,その情報を用いて化粧をした人間の肌を3DCGで再現しました.

企業情報学部 学生の発表の様子

CGのデモをする合津さん

独自開発の3DCGソフトウェアのデモをする合津さん

日本刀の3DCGのデモをする望月さん

日本刀の3DCG再現のデモをする望月さん

肌の3DCG再現のデモをする荒井さん

肌と化粧品の3DCG再現のデモをする荒井さん

会場から活発な質問をされている様子

会場からは多くの質問がなされるなど,本学学生の研究成果は大変注目されていました.

会場前で記念撮影した様子

発表会場(慶応義塾大学日吉キャンパス)前で記念撮影

発表会場の様子

本学学生の発表の様子.当日は大勢の参加者が集まりました.