グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 優秀学生顕彰(日本学生支援機構)受賞の学生2名が上田市長を表敬訪問

優秀学生顕彰(日本学生支援機構)受賞の学生2名が上田市長を表敬訪問

母袋創一上田市長

母袋創一上田市長

写真右から春原さん、望月さん

写真右から春原さん、望月さん

2月26日、「平成20年度優秀学生顕彰事業」(日本学生支援機構)において、社会貢献分野で大賞を受賞した春原愛さん(社会福祉学科4年)と学術分野で奨励賞を受賞した望月宏祐さん(産業情報学科3年)が母袋創一上田市長を表敬訪問しました。
 
春原さんと望月さんが受賞内容について説明を行い、その後、母袋市長からそれぞれに質問が行われました。

まず「視覚障害者のガイドランナーとして」というテーマで受賞した春原さんが、今後の目標がガイドランナーとしてフルマラソンで完走することであることを述べ、つづいて、「コンピュータグラフィックス分野の研究」をテーマに受賞した望月さんが、自身が学会発表で用いている資料を基に、今後の研究についての意欲を語ると、母袋市長から2人に激励の言葉が送られました。

はじめはやや緊張した面持ちの2人でしたが、春原さん望月さん共に上田市出身ということもあり、終始和やかな雰囲気でした。

受賞内容について説明する望月さん

受賞内容について説明する望月さん

取材に応じる春原さん

取材に応じる春原さん

市長と共に記念撮影

市長と共に記念撮影

関連リンク

{{リンク=http://www.nagano.ac.jp/news_topics/yushugakuseikenshou/index.html}}春原愛さん、望月宏祐さんの受賞の詳細はコチラ{{/リンク}}