グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 企業情報学部 田中法博教授が「優秀研究発表賞」を受賞(情報処理学会グラフィクスとCAD研究会)

企業情報学部 田中法博教授が「優秀研究発表賞」を受賞(情報処理学会グラフィクスとCAD研究会)

受賞の概要

企業情報学部の田中法博教授が情報処理学会グラフィクスとCAD研究会において、「2009年度 優秀研究発表賞(GCAD賞)」を受賞しました。

これは田中法博教授とともに、田中ゼミの学生達の研究成果が認められたことによります。

受賞論文

マルチバンドカメラを用いた分光ベースの反射モデル推定
田中法博,望月宏祐,林 一成,合津正史,禹 在勇

通常のRGBカラーカメラよりもバンド数(原色数)を増やしたカメラを
用いて、物体表面の反射特性を精密に計測する技術を開発しました。
この技術では従来法よりも物体表面の光沢や色を精密に画像計測できるようになります。