グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【企業情報学部】森ゼミナールが知財活用プロジェクト(主催:富士通)を進めています

【企業情報学部】森ゼミナールが知財活用プロジェクト(主催:富士通)を進めています

森ゼミ生が「知財活用プロジェクト」の取組みを始動しました。

企業が保有する膨大な特許のうち、利用されているものは約半分で、多くは眠っている状態になっています。この使われていない特許技術を開放し、これをもとにして新しいビジネスを学生が主体となって産学連携で創り上げていく取組み(知財活用プロジェクト)が長野大学においてこの度スタートしました。

富士通がスポンサー企業になり、特許技術の製品化には地元中小企業が、事業計画策定や資金提供には全国各地の地元信用金庫がかかわっており、開放特許を活用したビジネスプランの全国大会も開催されています。

開放されている特許のうち、森ゼミ(1年生から4年生で構成)では、2つの特許(①芳香発散技術、②指先で文字入力が可能なウェアラブルデバイス技術)に着目し、この特許を踏まえて、産学連携で社会に有用な商品を開発すべく取組みをスタートさせました。今後、森ゼミでは、当該技術の特性を踏まえて、使用状況や使用場面を考えながら目的やその目的を踏まえた価値を定義し、商品構想を練っていくことになります。それぞれの技術において、これまで香りや臭い、コミュニケーションツールといった類似製品や代替製品があり、それらとの違いを明確にし、なぜ、この製品を使いたくなるのかを明確にしていくことも必要になります。それらの検討の末、商品構想を具体化し、このような機能で、デザインでというものを考案していくことになります。また、市場性や実現可能性もあるかどうかも着目し、この製品を顧客が手にとりたくなるかどうかの客観的なデータを整理しつつ、この製品をどのように作り、どの程度の価格をつけ、どのような広報をし、どこで流すのかも検討していくことにもなります。

このような検討を経て、商品企画書としてまとめ、富士通及び地元の中小企業に提示し、その後、中小企業と商品の試作等を作成し、商品化という流れになります。


森ゼミ内キックオフ会議(平成29年7月31日)

森ゼミの有志(1年生から4年生)が集い、キックオフ。

この度の取組みの趣旨等に耳を傾けます。

今後の大まかなスケジュールと、この度着目する技術の概要、ゼミ独自の商品企画テンプレート案が小林さんから示されました。このテンプレートにおいてもゼミ生の意見を反映しました。

森ゼミでは、これまで成熟期にある業界・企業のイノベーションプロジェクトを展開してきました。上記のプロジェクトをゼミの活動の一環とするために、以下の趣旨を確認し、スタートすることにしました。

Social Innovation Project(SIP)の趣旨と概要
-企業の資源や、技術を活かし、社会の課題解決及び新たな社会を目指す-


【背景と設立の趣旨】
これまで森ゼミでは、成熟期にある業界・企業の課題発見・問題解決活動を展開し、「企業イノベーションプロジェクト」を進めてきた。企業の現状及び今後の方向性を踏まえ、これまでにない事業展開や商品展開をすべく、幾つかの業界・企業のコンセプトや商品をデザインしてきた。

一方、スタートアッププロジェクトや、佐久グランドホテル等との連携プロジェクトを推進する中で、一定の成果も生まれている。ただ、他企業からの連携依頼や、技術を活かした中小企業との連携プロジェクトの発足、また、ゼミで研究してきた対象企業への提案及び商品化、等々、森ゼミ本体で展開する企業イノベーションプロジェクトとその実践プロジェクトとを整理しながら進める必要がある。

そこで、森ゼミでは本ゼミで展開する「企業イノベーションプロジェクト」(EIP)と、社会の問題解決や新たな社会の創造を目指す実践型の「ソーシャルイノベーションプロジェクト」(SIP)とに整理しながら、ゼミ活動の一環として展開していくことにしたい。

【SIPにおいて展開する主なプロジェクト】
SIPでは森ゼミの以下のプロジェクトを当面は展開する。
1)佐久グランドホテルとの連携プロジェクト
2)森ゼミの研究対象企業への提案、商品化プロジェクト
3)特許技術などの知財を活用した社会の課題解決を推進するプロジェクト(例:富士通の知財活用プロジェクト)
4)その他、企業から依頼されたプロジェクト

【SIPのメンバー構成】
 SIPは森ゼミ及び関係するメンバーによって構成する。

【2017年内に想定されるプロジェクト】
A)佐久グランドホテルの宿泊プロジェクト
B)伊那食品工業の提案プロジェクト(後期の研究対象企業に)
C)富士通の知財活用連携プロジェクト(2つの特許技術を活用したそれぞれのチーム)
D)水産加工系企業との商品化プロジェクト(8月か9月に打ち合わせ会の予定)

C)の富士通の知財活用連携プロジェクトについて(別紙資料)

○具体的な展開
5つの開放特許のうち以下の2つくらいを対象に
1.芳香剤発散技術(メンバー:…)
2.指先で文字入力が可能なウェアラブルデバイス技術(メンバー:…)
⇒会長、リーダー、サブリーダー、コンペ・商品デザイン担当、対外折衝担当、事業計画・資金計画担当等を設定。

○タイムスケジュール
・9月中旬 アイディアミニ発表会(富士通の方が参加)
・9月21日 富士通への見学ツアー(特許技術の体験)
・9月下旬 信金及び同友会のサポートを受け、アイディアを中小企業へ打診
・10月中 会議
・10月下旬以降 ミニプレゼン大会
⇒この流れを考えると、「発想のポイント」を参考に、8月第2週くらいに、アイディア・構想をまとめ検討会を実施(社会の問題解決に寄与しそうか。独自な展開となりそうか。相手に響きそうか。特許等をしっかりと活用できているか。実践・実現できそうか。)。また、9月第1週に事業計画書・企画書等を作成。また、サブリーダー及びコンペ担当でそのテンプレートを7月末までに作成。

まずはこの度取組みを主催する企業の学習からスタート。解説者は、前田君。

この取組みの柱になる知的財産について理解を深めます。

これまで社会で生み出されてきたほとんどが知的財産ということができます。

この取組みをイメージするために、これまでこの知財プロジェクトに参加してきた他の大学の取組みを確認します。解説者は西山君。

これまでの入賞者を見ても、「生活を便利に」という視点から特許を活用し、実現可能なレベルに仕上げていることが分かります。

これまでのゼミでの展開を踏まえて、相手に響く独自な展開をしていこうという点を確認し、キックオフ会議を終了しました。鏑木君を代表とするチームと、赤堀さんを代表とするチームに分かれ、これ以降、期末試験終了後に、本格的に取組みを始動し、9月あたまには、ゼミ内で一定の結論を出していきます。