グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 本学の学生が(財)信濃育英会「明るい社会に貢献する奨学生」に採用されました!

本学の学生が(財)信濃育英会「明るい社会に貢献する奨学生」に採用されました!

本学の学生が(財)信濃育英会が実施している奨学制度「明るい社会に貢献する奨学生」に採用されました。
これはボランティア等、あらゆる分野を通じて明るい社会を築くために貢献している学生を発掘し、優れた学生に奨学金を給付する制度です。

本年度は本学から2件を推薦し、全て採用される結果となりました。
採用された活動をご紹介します。

<環境ツーリズム学部 里山再生学ゼミのみなさん>
被災地の復興を願って実施している、小学生を対象とした「たねぷろじぇくと」の取り組みが採用されました。
これは東日本大震災で被災した海岸防災林や緑地帯を再生するために、被災地で採取した種子から苗木を育て、被災地に植栽することを目的としたプロジェクトで、宮城県の小学校と連携しながら活動を進めています。

<企業情報学部3年 櫻井 千寛さん>
小諸市にある国重要文化財「小諸城」の姿を3次元コンピュータグラフィックスを用いて復元する取り組みが採用されました。
小諸城は既に建造物の多くは失われ、一部の建造物が残っているのみですが、残っている古文書をコンピュータに記録、それをもとに3次元データを復元する等の活動を小諸市の関係者と共に行っています。

採用されたみなさんには、この奨学金を有効に活用し、さらなる社会貢献活動の実現を期待しています。