グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




第7回共同研究会(2/14)のお知らせ

第七回研究会テーマ
今、中学校で起こっていること
-発達障害・SNS・愛着障害をキーワードに-


「子どもに“生きる力”をつけるためにわたしたちは何をすべきか」を考える共同研究会とは?
詳細はこちら

報告者と研究会の概要

神谷 哲彦 (安曇野市立穂高東中学校校長)

 今回の研究会では、安曇野市立穂高東中学校校長神谷哲彦さんに話題提供をしていただきます。神谷さんは長く中学校、特別支援学校の現場で勤務されてきました。また管理職としても、様々な子ども達を見てこられました。
 よく我々は、「最近の子ども達は、昔の子ども達と違う」と口にします。
 確かにそう感じることは多いです。しかし、その言葉は時として、子ども達を取り巻く様々を安易に一般化してしまい、リアルな姿を見失わせることが多くはないでしょうか。
 子ども達の何が変わったのか、そして何が変わっていないのか。中学校の現場で長く子ども達と接してこられた中で、感じておられることをお話しいただきます。また、近年若者を語る上でキーワードとなっているSNSや発達障害、愛着障害ともからめながら、多角的に議論ができたらと思っています。

研究会の日時・場所

日 程:平成27年2月14日(土)
時 間:14:00~17:00
場 所:長野大学9-301会議室
参加費:無 料

研究会事務局

久保木 匡介・早坂 淳
0268-39-0094, 0098
kuboki@nagano.ac.jp
hayasaka@nagano.ac.jp