グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 受験生の方へ  > 特別コース・特別プログラム

特別コース・特別プログラム

夢を見るだけで終わらせない。その手につかもう!

特別コース・特別プログラムには
公務員特別コース」「国際キャリア特別コース

教員養成特別プログラム」「簿記・会計特別プログラム」「情報処理技術者試験特別プログラム」があります。


特別コース・特別プログラムとは?

特別コース・特別プログラムとは、それぞれ思い描く将来の夢を、夢で終わらせず現実のものにするために設けられた長野大学独自のプログラムです。
めざす職業に必要な知識やスキルを身につけて「求められる人材」になる。
資格試験や採用試験に向かって、徹底した受験対策で合格を勝ち取る。
5つの特別コースはそれぞれに明確なコンセプトのもと、考え抜かれたオリジナルカリキュラムとサポート体制を用意しています。オリジナルカリキュラムは正課カリキュラムと密に連携しているので、社会や組織が求める力を身につけることができます。特別コースは資格取得や採用試験合格のみをめざすのではなく、これらの学びを活かし地域社会で活躍できる人材をめざします。

特別コースの基本イメージ

 特別コースの受講は任意ですが、充実した学生生活をおくり、4年後の厳しい就職戦線を勝ち抜いて夢を現実のものにするために、ぜひ特別コースを活用してください。

特別コース・特別プログラムのメリットと特徴

POINT1 基礎からの着実なステップアップ

4年間を有効に使い、ひとりひとりの学習のペースに合わせて、じっくりと確実にステップアップしていきます。

公務員特別コースのカリキュラムはコチラ
国際キャリア特別コースのカリキュラムはコチラ

教員養成特別プログラムのカリキュラムはコチラ
簿記・会計特別プログラムのカリキュラムはコチラ
情報処理技術者試験特別プログラムのカリキュラムはコチラ

POINT2 実践力を身につける

学部のゼミナールやインターンシップなどの体験型学習と連動しているため、現場で活躍できる実践力が身につきます。

POINT3 少ない費用負担

予備校や専門学校に比べ、経済的な負担が少なく、また移動などに費やされる時間の無駄もありません。

POINT4 徹底した個別指導

受講者は各コースに対応した少人数の特別コースゼミナールに所属し、教員とマンツーマンで話し合いながら学習を進めていきます。それぞれの学びの達成度に応じたきめ細やかな指導が受けられるため、合格に向けて確実にステップアップできます。

学部と特別コースの対応表

学部と特別コースの対応表

公務員の行政職や福祉職、警察官、消防士や団体職員をめざすならこのコース。これら採用試験は、幅広い知識が求められるうえ、受験する公務員の種類や試験区分、自治体によって試験内容も異なります。このため、めざす目標に応じた、しっかりとした試験対策が必要です。このコースでは、基礎学力の向上(リメディアル教育)から始め、受験対策(問題演習)へと段階的に進むステップアップ方式で、着実に公務員試験合格を勝ち取る実力を身につけていきます。また1年次から語彙・読解力検定などさまざまな資格取得にチャレンジし「成功体験」を積むことで、公務員試験合格へのモチベーションを持続させます。
また、通常の授業と公務員試験対策プログラムの組み合わせにより、公務員試験の合格をめざすと同時に、公務員としての資質を身につけることも目標としています。


国際社会で活躍するために必要な「キャリア学習、語学学習、専門学習、実践学習」の4つの学びを中心に、国際社会で活躍する実践的な力を身につけます。コミュニケーションの基本となる語学プログラムは英語と中国語があり、どちらかを選べます。それぞれTOEIC700点、中国語検定準1級を目標とし、とりわけ英語でディスカッションできる力を身につけるため、上級レベルの講座は原則として英語で行われます。また、ビジネスシーンを想定した経営・ビジネス・観光・環境などの専門学習を学べるほか、海外事業を展開する企業でのインターンシップで実践力もに身につけることができます。外資系企業をはじめとして、グローバルに活動する企業・団体をめざす人に最適なコースです。


教員免許そのものは、教職課程に登録し、所定の単位を修得すれば取得することができます。しかし、学校の先生になるには教員採用試験に合格しなければなりません。このコースは教職課程で学ぶ”教員として身につけるべき知識”とともに、教育の現場で教員の仕事を体験する現場体験実習と教育採用試験対策講座を両輪に、”教員採用試験で求められる知識・技能・マインド”を磨きます。
講師陣は長く教育現場で経験を積み、教員採用試験の実情にも通じた教育のプロばかり。その充実した中身の濃い講義に加え、受講者一人ひとりにアドバイザーがつき、4年間を通して学習・精神の両面をきめ細かくサポートします。また、模擬試験ではそれぞれの受験する自治体や学校の出題傾向に合わせたオリジナル問題も用意するなど直前対策も万全。このコースは「”絶対”先生になりたい」人に、教員採用試験合格を力強く引き寄せます。


簿記は、企業活動に欠かせない会計知識の基礎であるため、もっとも就職に強い資格と考えられています。なかでも最難関の日商簿記1級保有者は、金融機関に限らずあらゆる業界で大きな評価を受けています。このコースではまったく会計知識のない人でも、木曽からスタートして2年3カ月で日商簿記1級の合格をめざします。会計専門家によるわかりやすい授業に加え、アドバイザーの個別指導で資格取得までをしっかりサポート。簿記1級を取得したあとは、その会計知識を基礎にして、ファイナンシャル・プランニング技能士や金融窓口サービス技能士などの国家資格にもチャレンジします。全商(全国商業高等学校協会)簿記2級取得者は、1年次から簿記上級プログラムを受講することができます。


社会全体でIT化が進むなか、情報処理技術やネットワークに関する知識はこれまで以上に重要なスキルに位置付けられています。本コースは、ビジネス社会で活躍するために、企業からの評価が高いマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を1年次に、またITパスポートを1年~2年次に取得し、さらに、基本情報技術者試験の合格をめざします。初級資格からステップアップしながら上級資格にチャレンジしていくカリキュラムで「IT」の知識を習得し、企業に必要とされる人材へと成長することで、就職活動の成功をめざします。
受講者は試験対策講座に加え、特別コースゼミナールに所属し、4年間を通じて、コース担当教員による個別指導を受けることができます。