グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 受験生の方へ  > 長大[学生]図鑑 ~輝く学生を紹介~  > 長大[学生]図鑑05_世界で活躍できる社会福祉士を目指したい

長大[学生]図鑑05_世界で活躍できる社会福祉士を目指したい

藤森 空美さん
社会福祉学部 4年
長野県 伊那西高等学校出身


私は、社会福祉の勉強と海外留学の二つのことに学生時代に力を注いできました。
高校生の頃に参加していたボランティアクラブの活動で、台湾の高齢者施設のお年寄りや高校生と中国語を使って交流する機会があり、福祉と語学を使うことに興味を持つようになりました。
大学では、社会福祉の勉強をしながら、中国語を専攻することができたので、HSK6級(中国政府公認の中国語資格。6級が最上位級)の資格を取得することができました。
長野大学には海外の協定大学と交換留学のプログラムがあり、私はそれを利用して台湾や中国など、これまでに3回の海外留学を経験しています。

現在は、台湾と日本の介護予防の取り組みを比較した卒業論文を書くために、台湾の社会福祉施設でアンケート調査してきた結果をまとめて、発表に向けて準備をしています。
将来は、福祉の分野で日本と台湾の橋渡しできる仕事がしたいと思っているので、台湾の大学院に進学をして、台湾の社会福祉組織について学びたいと思っています。