グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 受験生の方へ  > 長大[学生]図鑑 ~輝く学生を紹介~  > 長大[学生]図鑑 ~輝く学生を紹介~ 2016  > 長大[学生]図鑑01_離れて気付いた「地元の魅力」をたくさんのひとに伝えたい

長大[学生]図鑑01_離れて気付いた「地元の魅力」をたくさんのひとに伝えたい

伊藤将人さん Maple Tree代表
環境ツーリズム学部 2年
長野県 大町高等学校出身


私の大好きな地元の長野県池田町の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいと思い、「Maple Tree」という団体を立ち上げ活動しています。団体の名前は池田町のシンボルのオオカエデから名づけています。
メンバーは同じ中学校出身の3人で、代表は私が務めています。進学をきっかけに、3人共地元を離れていますが、別の地域に住むことで、地元の良いところや課題が見えてきました。今は3人で、インターネット上でテレビ会議を行い、池田町の魅力をたくさんの人に知ってもらう方法を議論しています。

団体を立ち上げて、最初にやろうと決めたのはフリーペーパー「いけだいろ」の刊行です。創刊号は、池田町の町長へのインタビューや私が幼い頃に通った町の路地裏などを紹介しました。フリーペーパーを通じて昔から住んでいる地元の人と、池田町をあまり知らない人との交流のきっかけになるような冊子になればいいと思っています。
私は、大学の授業で「観光による魅力的なまちづくり」について学んでいるので、大学での学びを「Maple Tree」の活動にもうまく活かしていきたいです。今後は、SNSなどを使って幅広く地元の魅力を発信する方法を検討してみたいと思います。