グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長大[学生]図鑑03_インターンシップ体験記

おひさま進歩エネルギー株式会社

環境ツーリズム学部 青木翔太郎
(H26年度 3年次 10日間)


インターンシップに参加したきっかけ

環境ツーリズム学部の学びを通して、以前から「再生可能エネルギー事業」に興味があり、就職活動を始める前に事業内容についての知識を深めたいと思い、インターンシップに参加しました。また、インターンシップに参加し、実際の企業で働くことで「働くことへのイメージ」を掴み、就職活動に活かしたいと思いました。

インターンシップでの成長ストーリー(得たこと)

ただ「がんばる」だけでは、意味がないということが分かりました。インターンシップ中は目標を持ち、その目標に向かって取り組むための計画を常に考えるように努めました。ただ作業に取り組むのではなく作業を終える目標時間を決め、学ばせていただいている環境をより有効的に時間を使おうと思い取り組みました。目標をもつことで、日々学ぶことが多く一日一日が記憶に残るインターンシップにすることができました。

インターンシップを終えての感想

インターンシップを取り組むのと取り組まないのとでは、正直成長度合いは違うと思います。自分自信を見つめ直し、長所も短所も理解してからインターンシップに行かないと、自分自身のどこをどのように伸ばせばいいのか、今後どんなことにチャレンジしていけばいいのかなど、目標をたてることもできず意味がなくなってしまいます。何のためにインターンシップに行くのかボヤッとした目標をもつのではなく、明確に目標を持って取り組むことが大切だと思いました。

インターンシップへの取り組みについて

長野大学のインターンシップへの取り組みについては、「 こちら 」