グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長大[学生]図鑑01_インターンシップ体験記

近畿日本ツーリスト株式会社

環境ツーリズム学部 加藤奈美
(H26年度 3年次 7日間)


インターンシップに参加したきっかけ

「社会人として働く」ということへのイメージがないまま、就職活動を始めることがとても不安だったのでインターンシップへの取り組みを決意しました。高校時代から旅行会社に憧れを抱いていたので、自分自身の目で旅行会社の内側を見てみたいと思い、旅行会社でのインターンシップを希望しました。

インターンシップでの成長ストーリー(得たこと)

インターンシップに行く前の旅行会社のイメージは、お店に来ていただいたお客様に旅行商品を提案するというイメージを強く持っていました。しかし、窓口に来ていただいたお客様のみではなく、積極的に外に出ての営業アプローチを行い、営業先の方との信頼関係を構築していくことが大切なのだと学ぶことができました。また、インターンシップを通して自分自身の長所にも気が付くことができました。私自身は当たり前だと思って行っていた行動も、その行動ひとつが長所であり武器(強み)にもなるのだと分かりました。

インターンシップを終えての感想

旅行は“非日常的”なものなので、旅行を楽しみにしているお客様に最高の旅行プランを提供できるのは、素敵なことだとインターンシップを通して強く思いました。インターンシップを終えて、旅行会社への就職を目指したいという気持ちがさらに強くなりました。

インターンシップへの取り組みについて

長野大学のインターンシップへの取り組みについては、「 こちら 」