グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 受験生の方へ  > 長大[学生]図鑑 ~輝く学生を紹介~  > 長大[学生]図鑑 ~輝く学生を紹介~ 2014  > 長大[学生]図鑑19_インターンシップ成果報告の全国大会に出場

長大[学生]図鑑19_インターンシップ成果報告の全国大会に出場

「地域若者チャレンジ大賞」北信越代表に選出!


8月23日(金)に開催された「地域若者チャレンジ大賞2014」の北信越予選において、企業情報学部3年の月原基晴さんの発表が最優秀賞に選ばれました。また、その後11月に東京で開かれた全国大会にも北信越代表として出場し、優秀賞を受賞しました。
「地域若者チャレンジ大賞」は、インターンシップ(就業体験学習)での取り組みを発表する大会です。月原さんは昨年体験した新聞販売店「東郷堂」でのインターンシップについて発表しました。

月原 基晴さん
企業情報学部3年 長野県中野西高校出身

ゼミで経営について学んでいるので、「新聞の購読者数を増やすための調査」という業務内容に興味を持ち、東郷堂でのインターンシップを希望しました。参加することが「かっこいい」と思い、採用面接に臨みましたが、そこで言われたのは「迷惑がかかるから来ないで」という厳しい言葉。しかし、それまでの自分が調子にのっていたことに気づかされ、「勉強させてください」という姿勢でもう1度面接を受け、採用していただきました。
インターンシップの主な業務は、新聞購読に関するアンケート調査。その後、分析した結果から「親子で学ぶ新聞の読み方教室」などの新たな購読者を獲得する企画を提案しました。
インターンシップは自分の考えを改める貴重な体験となりました。支えてくれた方々のおかげで、北信越代表という結果が得られたのだと感謝しています。皆さんの思いに応えられるよう、全国大会では優勝をめざして頑張りたいです。
  • 資料請求
  • 大学祭
  • 最新の入試情報
  • 進学ガイダンス情報
  • まちなかキャンパスうえだ
  • 学生図鑑
  • 目指す職業に直結