グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長大[学生]図鑑07_日商簿記2級に一発合格

簿記の勉強から見つけた「なりたい自分」


宍戸 拓水さん
企業情報学部 2年 東京都日本放送協会学園高校出身

自分を変えたい気持ちからの挑戦
高校3年生のときに、何の資格も持っていない自分に焦りを感じていました。「将来就職してからも役に立つような資格が取りたい」と思い、日商簿記検定3級に挑戦しました。
勉強してみると面白くて3級は1回で合格しました。大学では「簿記・会計特別コース」に登録して簿記の勉強を続けました。コースで受ける講義や個別指導に加え、家でも勉強し2級の合格を手にしました。合格という結果は、努力が認められた証なので大きな自信になりましたし、勉強したことで会計知識の基礎を理解することができました。

合格から見えた次の目標
目標としていた日商簿記検定2級に合格し、次に私が目標にしているのは「国税専門官」になることです。国税専門官は税務行政を行う国家公務員です。社会全体のために自分の能力を活かすことができる公務員の仕事は、私にとってとても魅力的なものです。簿記の勉強をすることで会計学や税金にも関心が高まり、「企業会計論」や「経済学」の講義を受講しています。これまで資格取得のために学んできたことも活かせるのではないかと考えています。

※大学1年後学期の時間割

  • 資料請求
  • 大学祭
  • 最新の入試情報
  • 進学ガイダンス情報
  • まちなかキャンパスうえだ
  • 学生図鑑
  • 目指す職業に直結