グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 受験生の方へ  > 長大[学生]図鑑 ~輝く学生を紹介~  > 長大[学生]図鑑 ~輝く学生を紹介~ 2014  > 長大[学生]図鑑03_大学が舞台のゲーム制作に夢中

長大[学生]図鑑03_大学が舞台のゲーム制作に夢中

「好き」を仕事にしたい!ゲーム業界で働くのが目標


山本 遼太郎さん
企業情報学部 4年 長野県 豊科高校出身

ゼロからのスタート
ゲームは小学校の頃から好きでしたが、つくる側に立ちたいと考えるようになったのは、高校生のときでした。「長野県内でゲーム作りができる環境のある大学」という条件で進学先を探し、長野大学に決めました。
本気でゲーム制作を始めたのは大学2年生の時。プログラミングもCG制作の知識も技術もゼロの状態から、一人で「フライトシミュレーター」を完成させるという挑戦でした。ゲームの動作確認を行い、不具合を調べては直す日々。完成まで1年8ヶ月かかりましたが、好きだから続けられたと思っています。

自作したフライトシミュレーター

チームを組んでのゲーム制作
現在、長野大学を舞台にしたホラーゲームを仲間と制作しています。このゲームは夜の大学を舞台にした謎解きゲームで、大学を3DCGで忠実に再現する予定です。建物や教室にある椅子、机などの大きさを実際に計り、写真や動画を撮影し、パソコン上に再現していくので、とにかく時間がかかりますが、信頼できる仲間がいるので協力して作業を進めています。一人で制作していた時は、自分が納得すればそこがゴールでしたが、今は納得できても他の人から指摘を受けることがあり、グループの意見をまとめていく難しさがあります。卒業までになんとか完成させたいと思っているので、面白いゲームができるようこれからも努力を続けたいです。
  • 資料請求
  • 大学祭
  • 最新の入試情報
  • 進学ガイダンス情報
  • まちなかキャンパスうえだ
  • 学生図鑑
  • 目指す職業に直結