グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長大[学生]図鑑06

『信州ライポ隊』として不登校児や問題行動児に対する学習支援活動などを行う


6月11日(月)に長野県警察本部で少年警察大学生ボランティア「信州ライポ隊」の委嘱式が行われました。
今年度から長野大学の学生10名もボランティアに登録しています。信州ライポ隊は不登校児や問題行動児に対する学習支援活動や、少年警察ボランティアと一緒に万引きや薬物乱用の防止などの活動を行うことを目的にしています。今回はメンバーの1人で長野県警に内定した小林さんにインタビューしました。

【長野県警に内定】住民の方に信頼される警察官を目指して

小林 洋平さん

小林 洋平さん
2012年度卒業 長野県出身

私は長野県警の採用試験に合格し、来春から長野県警で働く予定です。
内定が出る前から、警察の活動に関わりたいという想いが強かったので、長野県警の大学生ボランティア『信州ライポ隊』に参加することにしました。
主なボランティア活動は、上田署管轄内で少年たちが立ち寄りそうな場所の巡回や、問題を抱える少年たちの立ち直り支援をすることです。少年たちと関わることによって普通の生活を送るきっかけ作りができることや、警察官の方や中学・高校の先生方から直接話を聞くことができ、視野を広げられることが活動の魅力です。1回目の活動が7月6日(金)にあり、2グループに分かれて巡回しました。これからも数回予定されているので、積極的に参加して、多くの経験を積みたいと思います。そして、これらの経験を活かして、来春から住民に信頼される警察官を目指して一生懸命頑張ります!

「信州ライポ隊」として活動するボランティアメンバー

「信州ライポ隊」として活動するボランティアメンバー