グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長大[学生]図鑑07_フットサル部

学部や学年、男女関係なく、フットサルに熱中!


長野大学のサークルは、どれも自由で楽しい雰囲気。現在およそ50のサークルがあり、それぞれ活発に活動を
行っています。 地域の方と積極的に関わったり、気の合う仲間と新サークルを作ったりすることもできます。
今回は、スポーツ系サークルの一つであるフットサル部の部長設楽さんと女子プレイヤー加藤さん、1年生郷
津さんにインタビューしました。

設楽 武秀さん

設楽 武秀さん
企業情報学部3年 群馬県吉井高校卒業(部長)


私たちフットサル部は現在35名が学部や学年関係なく集まり、活動しています。週2回の体育館での活動日には、多くの部員が集まり、フットサルを楽しんでいます。
私が入部したきっかけは、オープンキャンパスに参加し、交流してくれた先輩の薦めがあったからです。「練習のときは練習に力を入れ、楽しくやるときは楽しくやるメリハリのあるチーム」というその雰囲気を聞き、見学をし、入部を決めました。その先輩はもう卒業しましたが、先輩から受け継いだフットサル部の雰囲気を自分たちも後輩に伝えていけたらと思っています。

加藤 奈美さん

加藤 奈美さん
環境ツーリズム学部2年 静岡県榛原高校卒業


小・中・高校とサッカーを続けて来たので、大学でもサッカーを続けたいと思っていましたが、長野大学には女子サッカー部がありませんでした。それでも大好きなサッカーに関わっていきたいと思い、フットサル部のマネージャーとして入部しました。最初はマネージャーとして活動をしていましたが、仲間がプレイヤーとして受け入れてくれるようになったので、今は唯一の女子プレイヤーとして活動しています。練習や試合のときは、一人のプレイヤーとしてみんなが見てくれ、とてもうれしく思っています。男子に比べるとまだまだ力の差はあり、悔しい想いをしたりしますが、大事な仲間ができたので、本当に良かったと思っています。

郷津 雅俊さん

郷津 雅俊さん
社会福祉学部1年 長野県明科高校卒業


大学に入学して半年が経ち、大学の雰囲気にも慣れ、毎日がとても充実しています。小学生の頃からサッカーを続け、室内でプレイするフットサルにも興味がありましたが、なかなか縁がありませんでした。サークルガイダンスでフットサル部があるのを知り、思い切って入部しました。サークルには同学年の仲間だけでなく、先輩がたくさんいます。フットサルの技術のみではなく、日ごろの生活や勉強の仕方などにも相談にのってくれるので、本当にありがたく思っています。まだ1年生ですが、大学生活を満喫し、将来の目標である福祉関係への就職を目指し、頑張りたいと思います。
  • 資料請求
  • 大学祭
  • 最新の入試情報
  • 進学ガイダンス情報
  • まちなかキャンパスうえだ
  • 学生図鑑
  • 目指す職業に直結