グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・学科  > 社会福祉学部  > 資格取得者の声(2016年3月卒業生)

資格取得者の声(2016年3月卒業生)

社会福祉士と精神保健福祉士

丸山 沙明耶 さん

丸山 沙明耶さん
長野県 塩尻志学館高校出身
就職先:かりがね福祉会

授業で行われる小テストで自分の実力を毎回確認できた

 長野大学では4年生になると本格的に国家試験に向けた学習がはじまります。私の場合は精神保健福祉士の資格取得に必要な実習もこの時期にあるため、年間のスケジュールを立て計画的に勉強に取り組みました。授業では毎回小テストがあり自分の実力を確認しながら勉強することができます。また、授業とは別に勉強会があり、先生が丁寧に宿題やテスト問題の解説をしてくれました。試験を受験するときは一人ですが、大学には一緒の目標に向かう友人や親身なサポートをしてくれる先生がいたので、安心して試験に臨むことができました。

早津 さやかさん

早津 さやかさん
新潟県 高田北城高校出身
就職先:さいがた医療センター

先生方の手厚いサポートや先輩からのアドバイスが心の支えになりました

 私は2つの国家試験を受験しました。受験資格を得るために必要な実習や勉強の範囲も増えるため、不安はありましたが、施設を利用する方に幅広い支援の提案するためにも、資格を取得したいと思いました。試験勉強では、夜遅くまで指導をしてくれる先生方のサポートや、試験に合格した先輩から、勉強のアドバイスをもらえたので心強かったです。これからは、利用者のことを親身になって考え、支えていくことができる職員になりたいと思います。

原田 佳奈さん

原田 佳奈さん
長野県 松本蟻ケ崎高校出身
就職先:ハートラインまつもと

子どもたちの力になりたいという想いから資格取得をめざしました

 私は障害児と関わるボランティアサークルで活動してきました。はじめは子どもたちの抱える問題や、突発的な行動が理解できませんでしたが、大学で専門的に学ぶ中で、寄り添った支援ができるようになったと思います。「もっと子どもたちの力になりたい」という想いから国家試験に挑戦し、合格することができましたが、これはあくまでソーシャルワーカーとしてのスタートラインに立ったにすぎません。現場で経験を重ねていき、利用者に寄り添った支援のできる職員になっていきたいです。

社会福祉士

斉藤 裕恵さん

斉藤 裕恵さん
長野県 佐久長聖高校出身
就職先:丸子中央病院

誰からも頼られる医療ソーシャルワーカーになりたい

 私は3年生の時の実習がきっかけで、社会福祉士をめざすようになりました。実習では職員の方にサポートをしてもらいながら、医療ソーシャルワーカーとして患者さんとご家族、先生との間に入り、退院するまでの支援計画を考えました。その時に感じたのは、聞き取る力の大切さです。私は患者さんの話したい内容を聞くだけでしたが、サポート役の職員さんは、患者さんの話を聞きながら支援の提案やアドバイスを行っており、聞き取ることの難しさと大切さを実感した経験でした。これからは、実習で学んだ聞き取る力を意識して、「あなたに話を聞いてもらってよかった」と言ってもらえるような医療ソーシャルワーカーになりたいです。

伊藤 将太さん

伊藤 将太さん
長野県 高遠高校出身
就職先:鹿教湯三才山リハビリテーションセンター 鹿教湯病院

自主ルールを定め効率的な学習を心がけました

 3 年次の実習で病院実習を体験し、医療ソーシャルワーカーに興味を抱くようになりました。福祉の仕事は、資格を必要とするものばかりではありませんが、医療ソーシャルワーカーは社会福祉士の資格が必須です。それまで少し遠くに感じていた国家試験が急に身近で切実なものとなり、強く意識するようになりました。4 年生になると国家試験受験対策セミナーが開かれます。各科目の講義に加え、試験直前まで8 回の模擬試験が実施されるので、試験感覚を養うという意味でもたいへん役立ちました。このセミナーに加え、11 月からは毎日図書館で自主勉強もはじめました。生活リズムを崩さないよう、勉強は終わりの時間を決めて取り組んだので、その分集中することができたと思います。これからは医療ソーシャルワーカーとして利用者本位の支援ができるよう努力していきます。

池田あずさ さん

池田あずさ さん
新潟県 新井高校出身
就職先:上越福祉会

社会福祉士という自覚をもって仕事に取組みたい

 高校の福祉課の先生がボランティアに意欲的で、高齢者施設で紙芝居や人形劇などを行ううちに、福祉に興味を持つようになりました。模試の結果が伸び悩み、つらい時期もありましたが、4年間福祉の勉強をしてきたことの集大成としても、資格の取得はしたいと強く思っていました。卒業後は、高齢者施設の相談員として入居を考えている人の手続きや支援計画やご家族のサポートなどを行います。利用者さんとその家族から話を聞いて、施設で生活する場合どんな施設が良いのか、また本当に施設での生活が良いのかなど、利用者さんのこれからの生活に関わる問題を一緒に考えていきたいと思っています。

大西 晴也さん

大西 晴也さん
長野県 松代高校出身
就職先:ベルポートまるこ

仲間の支えのおかげであきらめないで勉強を続けることができました

毎週開講される国家試験対策セミナーに参加をしていましたが、苦手科目をなかなか克服できず、受験をあきらめようと思う時期もありました。そんなときに支えてくれたのは、夜遅くまで私の苦手科目の指導をしてくださった先生と、「最後まであきらめるな」と励ましてくれた仲間たちでした。いつも一人ではないという安心感があったからこそ、難しい国家試験にも合格することができました。

箱山 哲也さん

箱山 哲也さん
長野県 長野東高校出身
就職先:白馬村(福祉職)

村の一人ひとりに適したサービスを提案できる職員になりたい

 大学2年の実習で村役場に行きました。その時、職員の方が日常生活で困っている地域の方に、公的支援やサービスを提案する姿にあこがれ、私も行政の立場で地域に貢献したいと思うようになりました。国家試験と公務員試験の両立は大変でしたが、国家試験対策セミナーや、公務員をめざす学生をサポートする「公務員特別コース」があったことで、効率よく勉強することができ、自分の夢をつかむことができました。