グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・学科  > 環境ツーリズム学部  > 3つのコースとゼミ紹介

3つのコースとゼミ紹介

環境コース

自然がもたらす恵みを守り、活かす方法を学ぶ

今、日本の社会では、私たち一人ひとりが自然と真剣に向き合うことが求められています。環境コースでは、自然の成り立ちや仕組みについて理解を深め、自然が私たちに与える恩恵を、これからの社会で活かすための考え方や方法を学びます。

里山再生学ゼミ

里山の生態系サービスを地域社会に活かす

 日本の里山は、山菜などの自然の恵みや、森林浴、二酸化炭素吸収源など多彩な生態系サービスを育んでいます。里山再生学ゼミでは森に暮らす動植物の生態を理解し、彼らが提供する生態系サービスを地域社会のために活用する知恵と方法を探っています。その活動の主たるフィールドが大学に隣接する「AUN長野大学恵みの森」です。本ゼミではこの恵まれた環境のもと、里山の伝統的な価値を再生し、現代における新たな森林の価値を創出する試みを続けてきました。たとえば地域に自生する果樹の植栽、クヌギ・コナラの環状剥皮(巻き枯らし)によるキノコ栽培、昆虫採集のための環状剥皮、野鳥のための巣箱かけなどです。これらは生物多様性を保全しながら、地域に広がる森林の生態系サービスを地域社会へと浸透させることで、持続可能な地域社会の構築に寄与しようとする試みです。
学生はそれぞれ「ヤマグワの葉を利用したお茶づくり」、「オオムラサキを守ることから始まる里山再生」、「野生植物を利用したアロマオイル作り」「野生鳥類のエコツアー開発」など、独自のテーマをもって研究を進めています。

中田 功大さん

中田 功大さん
環境ツーリズム学部 4 年
岩手県 不来方高等学校出身

【Student Voice】

オオムラサキを観察できるバタフライガーデン

 子どもの頃から昆虫が大好きで、環境調査・保全という視点から生き物を研究対象にできるこのコースに進みました。現在取り組んでいるのはオオムラサキを間近に観察できるバタフライガーデンづくりです。オオムラサキが好むエノキ(榎)のあるエリアを金網で囲い、幼虫から成蝶になるまでの過程を観察することが当面の目標です。私は環境教育にも興味があり、子どもたちが自然に親しむためのさまざまなイベントを企画・運営しています。バタフライガーデンが完成すれば、きっと子どもたちにも自然に関心をもってもらう生きた教材になると思います。

水環境学ゼミ

淡水の恵みを持続的に利用するために

 人は川や湖沼などの淡水域からさまざまな恵み(生態系サービス)を享受してきました。しかし近年、人の社会活動による生態系の改変のために、淡水の生態系サービスは悪化の一途をたどっています。水環境学ゼミでは、長野県内を流れる河川や湖沼の生態系および生態系サービスの伝統的な利用方法などについてフィールドワークを中心とした調査を行い、淡水生態系から得られる恵みを利用する人々と協働して、地域単位で生態系サービスを持続的に利用するための具体的な方策について考えていきます。また、生態系保全における基礎研究の重要性を鑑み、生態学的研究にも取り組んでいます。
学生はそれぞれ興味あるテーマについてグループをつくり、共同で調査・研究を行します。「外来魚であるオオクチバスの食用化」や、「稲と魚を同時に育てる稲田養魚の研究」、サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)の一環として新潟県の高校生と協働で行う「アユカケを中心とした底生魚の食性調査」など、多彩な視点からの研究が学生主体に進められています。

関口 未来さん

関口 未来さん
環境ツーリズム学部 4 年
群馬県 富岡東高等学校出身

【Student Voice】

絶滅の危機に瀕するカジカの好む水環境を調査

 準絶滅危惧種に指定されている川魚のカジカ保護に関する研究を行っています。この1 年はカジカが好む環境を調べるため、上田市内を流れる川で、生息する場所と生息しない場所の流速や石の大きさなどの環境を調べました。その結果、カジカが生息する場所には、隠れ家として利用しやすい大きな石が多いことがわかりました。地元の人々にとってカジカは慣れ親しんできた魚であると同時に、食材や環境教育などさまざまな形で利用できる大切な自然の恵みでもあります。いつまでもカジカが棲める環境を保全するために、この研究が役立つと期待しています。

観光コース

魅力ある観光による、まちづくりについて学ぶ

自然の魅力を活かした観光は、たくさんの人をあなたのまちに惹きつけ、まちを元気にする力をもっています。観光コースでは、魅力ある観光プランの作成や実施、そして観光によるまちづくりの手法を学び、地域独自の魅力を発見・発信する力を身につけます。

協働のまちづくりゼミ

地域と協力しながら実践的にまちづくりを学ぶ

 市民や行政など、まちづくりに関わるさまざまな人々と協力して、地域を元気にするための研究活動を行っています。地域のもつ資源を有効に活用しながら、持続可能な地域社会を実現していくにはどうすればいいか。本ゼミでは具体的な地域を研究フィールドに設定し、実践的・実証的な調査研究を行います。そして地域住民や地域関係者と連携(協働)しながら、その地域の課題を発見し、解決のプロセスに具体的に関わることで、地域主体のまちづくりモデルの創出につながる研究成果をめざします。
 現在進めている主なプロジェクトは、「重要伝統的建造物群保存地区に指定された千曲市稲荷山地区のNPO と連携したまちづくり」、「企業の社会貢献活動をからめた木島平村でのグリーンツーリズム」、「塩田平の田園環境を活かした里山サイクリング」、「まちづくりの担い手を紹介するフリーペーパーづくり」などです。いずれのプロジェクトも基本的なプロセスは、フィールドワークや地域関係者の方々とのワークショップが中心であり、事前調査、地域現場での活動、振り返り評価を段階的に積み重ねながら、協働のまちづくりのプロセスを体験的に学習します。また県外のまちづくり活動体験・視察や他大学との交流活動も行います。

依田 舞さん

依田 舞さん
環境ツーリズム学部3 年
長野県 望月高等学校出身

【Student Voice】

レンタサイクルを活用した観光コースづくりに挑戦

 自転車を利用した観光コースづくりに取り組んでいます。信州の鎌倉と呼ばれる塩田平や別所温泉は長野県を代表する観光地ですが、自転車を利用して観光地を巡っている人はほとんど見かけません。調査してみるとレンタサイクルはあるのに地元の人でもその存在を知りませんでした。また用意されている自転車も坂の多い場所なのにいわゆるママチャリばかり。恵まれた観光資源を活かすために、まずポスターやステッカーでレンタサイクルの存在をアピールすると同時に、自転車の整備、サイクリングのモデルコースづくりを進めていきたいと考えています。

都市観光まちづくりゼミ

学生主体で地域の観光に役立つ活動を展開

 現代社会に暮らす私たちにとって、現在暮らす地域を離れて旅行に出かけることには、「心身のリフレッシュ」、「体験・交流を通じた楽しみ」、「異文化への理解」といったさまざまなメリットがあります。
 都市観光まちづくりゼミでは、所属する学生それぞれの居住地や出身地を「観光客を受け入れる観光地」として捉え、「自分にとって身近な地域の観光振興に役立つことは何か?」を共通テーマとしてさまざまな活動に取り組んでいます。
 長野県内・県外の観光地事例の分析などを行う研究活動では、複数の事業や活動を比較することを通じて、観光客誘致を成功させるための前提条件や取り組みのポイントなどを探っていきます。イベント企画や情報発信などを行う実践活動では、実際に大学周辺地域での観光振興に貢献するだけでなく、学生自身が新しい観光を生み出すことの難しさとやりがいを経験することをめざしています。
 これらの研究・実践活動から、地域情報誌での記事連載、道の駅での「ご当地キャラ運動会」や上田駅を発着地とする「駅からハイキング」の実施といった継続的な地域貢献プログラムが生まれています。

魚谷 勇斗さん

魚谷 勇斗さん
環境ツーリズム学部4年
徳島県 徳島北高等学校出身

【Student Voice】

自分で活動内容を選び、さまざまなチャレンジを

 都市観光まちづくりゼミは学生たち自身で活動内容を決めるため、さまざまなことにチャレンジできます。私は2 年生の時、県外の大学のゼミ合宿を長野県に誘致する活動を行いました。もちろんただ呼びかけるのではなく、歴史を学びたいゼミなら史跡を巡るルートを用意して案内するなど、希望に応じたおもてなしを用意します。参加してくれた大学からは高評価をいただきました。今年は地域情報誌とのコラボ企画に関わっています。季刊誌「しなの鉄道各駅停車」に2 ページのスペースをいただき、「若者と育つ町」と題した学生目線での連載記事を制作しています。

地域ビジネスコース

地域の産業や新しい仕事づくりを学ぶ

人の仕事は、その土地の自然や文化に合わせて生まれます。地域ビジネスコースでは、地域の産業や新しい仕事づくりについて学び、地域を安定して発展させるための知識や考え方を身につけます。

地産地消ゼミ

地域資源を活用して元気なまちづくり

農山村の衰退や産業と中心市街地の空洞化が地域社会の大きな問題になっています。本ゼミはこうした課題を抱える地域のさまざまな仕事の現場で聞き取り調査を行いながら、地域の産業と仕事づくりの在り方について考えます。たとえば信州らしい「食」などの地域資源を活用して産地とまちを結ぶ試みや、農業を地域で支えながら地域を活性化させる新しい都市農村交流の方法、その担い手としての新しい組織の在り方などについて、実践的手法を用いて学びます。
そのために本ゼミではCSA(地域で支える農業)活動の理論と先進例などについて文献によって学習するとともに、地域団体と連携して伝統野菜や地域の文化的歴史的資源の商品化、事業化も推し進めています。2014年度は地大根普及の取り組みや、松尾町チャレンジショップでのおみせづくり、JAと連携した時大根商品化や調査研究を実施しました。
大学で学んだ知識を用い、地域の課題に応える。こうした学びを通して、学生たちは生きる力を身につけていきます。

中田 千遥さん

中田 千遥さん
環境ツーリズム学部3年
青森県 青森東高等学校出身

【Student Voice】

山口大根の魅力を引き出す商品開発

 私が取り組んでいるのは上田市特産の山口大根を使った商品開発と普及活動です。小ぶりで水分が少ない山口大根ですが、加熱すると驚くほど甘みが生まれます。そこで大根もちやおでんなど、山口大根のよさを引き出すレシピ集をつくり、スーパーでの販売会で配って、その魅力をアピールしました。用意した山口大根はあっという間に完売です。上田にはまだまだ魅力的な野菜や果物がたくさんあります。今後も生産者や地域の方々と連携しながら、新たな商品開発を進め、地域活性化につなげていきたいです。

地域・都市社会学ゼミ

農山村と地方都市から持続可能な社会を考える

 持続可能な地域づくりや環境問題の解決を、社会学のアプローチで考え、フィールドワークによって農山村と地方都市の実態を明らかにし、持続可能な社会構想を示すことを目標に掲げて活動しています。本ゼミでは農山村や都市、フィールドワークに関する文献読解で基礎的知識を養うと同時に、共同研究として「上田市丸子商店街の活性化に向けた実態調査」と「薪炭活用や自然と共生する有機農法の世代継承のための地域調査」の2 プロジェクトを進めています。
 共同研究は先輩と後輩が同じチームで行うスタイルをとっており、社会学的アプローチや報告書にまとめるノウハウが、実践のなかで自然に身につきます。また個人研究も奨励しており、学生はそれぞれ自分の興味関心に応じた研究テーマに挑んでいます。「アニメツーリズムの社会学的分析」や「現代中国における都市から農村への移住調査」、「インターネット空間と監視社会」、「ヒップホップダンスのまちづくり」といったユニークな研究が目白押しです。

小林 昂平さん

小林 昂平さん
環境ツーリズム学部4年
長野県 大町北高等学校出身

【Student Voice】

丸子商店街の実態を聞き取り調査

 ゼミの共同研究のひとつ「上田市丸子商店街の活性化に向けた実態調査」に参加しています。これは丸子商店街の活性化を考える基礎データになるもので、商工会の協力のもと100 軒ほどの店舗全てで聞き取り調査を行う予定です。メンバーは、手分けをしながら休日を利用して調査を進めています。また同時に空き家となった店舗の実態も調べており、聞き取り調査と合わせて、丸子商店街が直面する問題や潜在的に抱える課題を見い出していきます。調査数が多く大変ですが、商店街の人々の話をお聞きすると新しい発見があり、調査に行くのが楽しみです。