グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 禹 在勇

禹 在勇

禹 在勇

禹 在勇

企業情報学部
企業情報学科 教授

【主な担当科目】
●情報デザイン
●コマーシャルデザイン
【学位】
博士(学術・デザイン学)

【学歴・職歴】
・千葉大学大学院自然科学研究科、環境科学専攻(デザイン科学)博士後期課程修了
・JSPS 外国人特別研究員
・信州大学繊維学部COE研究員

キーワード
デザイン文化、感性デザイン、プロダクトデザイン&情報デザイン

研究テーマ
分かりやすさ・使いやすさのデザイン
福祉社会に貢献できるデザイン
生活文化・自然環境・身体や感性と人工物との関わり方の観点からデザインのあり方を検討

主な研究実績
生活特性からみた漆椀の形状解析―材料計画における感性評価システム―、韓日シンポジウム(ソウル)、論文集、No.22、635‐640、1997
儒教における「所作の意匠」の今日的実態―韓国の食生活における儒教思想の表出(1)、日本デザイン学会誌、デザイン学研究、第47巻第2号 通巻141号、45-54、2000
The interactive production system for apparel Korean Fiber Society,The Korean-Japan Joint Symposium,Proceedings,107-109,2003
操作部分の形状と操作との関係に関する研究―感性デザイン支援システム(1)、日本デザイン学会誌、デザイン学研究、第51巻第1号 通巻163号、55-62、2004
CGを利用した機器操作部の操作イメージ評価―感性デザイン支援システム(2)、日本デザイン学会誌、デザイン学研究、第51巻第1号 通巻163号、63-70、2004
NEW SOFTWARE FOR ESTIMATION OF USABILITY-Case Study of Office Device, Kansei Engineering International,Vol.5 No.4 pp.61-68,2006

可能な共同・受託研究のテーマ
デザインを通しての地域活性化
伝統的工芸品の意匠解析
プロダクトデザイン&広告デザイン

高校生向け講義
どのようにすれば使いやすいものになるか?
情報デザイン・感性デザイン入門

一般向け講義
感性を活かしたモノ作り(デザイン)
生活特性からみた用具の形状解析
  • 資料請求
  • まちなかキャンパスうえだ