グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 野口 友紀子

野口 友紀子

野口 友紀子

野口 友紀子

社会福祉学部
社会福祉学科 教授

【主な担当科目】
・社会福祉発達史
【学位】
博士(社会福祉学)

【学歴・職歴】
・東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了

キーワード
社会事業、防貧、貧困

研究テーマ
近代日本の社会福祉の歴史

主な研究業績
「『社会事業』にみる「もうひとつの本質論争」─社会事業の本質はどのように議論されたのか─」社会事業史学会『社会事業史研究』第45号、2014年
「社会福祉事業本質論争の諸相─社会福祉理論史上の再評価として─」社会事業史学会『社会事業史研究』第43号、2013年
「社会事業はどのように体系化されてきたか─「学」と「ケースワーク」の戦前・戦中・戦後─」一般社団法人日本社会福祉学会編『対論 社会福祉学1社会福祉原理・歴史』中央法規出版、2012年
『社会事業成立史の研究』ミネルヴァ書房、2011年
「社会事業理論の4つの類型と方向性─1938-1945年の『社会事業』から」日本社会福祉学会『社会福祉学』vol.50-4、2010年

高校生向け講義
「社会福祉とは何か-歴史から考える-」
「自己を知り、社会を知ろう-社会福祉学入門-」
  • 夢ナビ講義(高橋大輔)
  • 資料請求
  • まちなかキャンパスうえだ