グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 宮本 秀樹

宮本 秀樹

社会福祉学部
社会福祉学科 教授

【主な担当科目】
地域ケア論
福祉行財政と福祉計画
【学位】
修士 社会福祉学

【学歴・職歴】
広島修道大学人文学部人間関係学科教育学専攻卒業
東北福祉大学 大学院総合福祉学研究科 社会福祉学専攻 修士課程修了
山口県庁/社会福祉専門職
淑徳大学嘱託講師/実習・演習担当
常磐大学専任教員

キーワード
自分理解、多様性、公共

研究テーマ
・外国人介護労働者と日本語教育
・障害者雇用

主な研究業績
「福祉分野と日本語教育分野の協働による介護福祉用語集作成の試みを通じて」
(共著) 常磐大学人間科学部紀要『人間科学』2018年3月
「改正外国人技能実習制度における『介護業務』と『日本語能力』に関する一考察 」
(単著) 常磐大学コミュニティ振興学部紀要『コミュニティ振興研究 第24号』2017年3月
『障害者グループホームと世話人-言葉と支援とが出会う風景の中で』
(単著) 生活書院、2016年7月
「障害者雇用率とその社会的な定着について~ダブルカウントと短時間労働に視点を当てて~」
(単著) 常磐大学コミュニティ振興学部紀要『コミュニティ振興研究 第22号』2016年3月
『よくわかる 社会的養護内容[第3版](やわらかアカデミズム<わかる>シリーズ)』
(共著 <編者> )、ミネルヴァ書房、2015年3月

地域活動
生活協同組合パルシステム千葉 有識者理事(千葉県船橋市、2017年6月まで)
水戸市社会福祉協議会 権利擁護サポートセンター 法人後見受任審査会委員長
(茨城県水戸市、2018年3月まで)
袖ヶ浦市地域総合支援協議会実務者会委員(千葉県袖ケ浦市、現在に至る) 

可能な共同・受託研究のテーマ
介護人材供給に視点を当てて
外国人技能実習制度/介護の施行とそれに伴っての諸課題について
介護現場における障害者雇用の展開について

高校生向け講義
援助すること、援助されること

一般向け講義
福祉と対人支援