グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 宮本 大輔

宮本 大輔

宮本 大輔

宮本 大輔

環境ツーリズム学部
環境ツーリズム学科 助教

【主な担当科目】
・中国語
【学位】
 博士(文学)
【学歴】
・神奈川大学大学院外国語学研究科中国言語文化博士後期課程修了
【職歴】
・神奈川大学COEプログラムCOE研究員(RA)(2005年4月~2006年3月)
・日本学術振興会特別研究員(21COE)(2006年4月~2008年3月)
・神奈川大学外国語学部非常勤講師(2008年4月~2011年3月)
・東京理科大学理工学部非常勤講師(2009年4月~2011年3月)
・金井学園秀林外語専門学校日中通訳翻訳学科非常勤講師(2010年4月~2011年3月)
・福岡大学言語教育研究センター常勤講師(2011年4月~2015年3月)
キーワード
 現代中国語、社会言語学、言語使用意識
研究テーマ
 言語イメージ、呼称語、語気助詞

主な研究業績
<著書>
・宮本大輔・温琳:『話そう!実践中国語』,2012,朝日出版社
・温琳・宮本大輔:『話してみよう!中国語―楽しく学んで初級マスター』2012,駿河台出版社
・宮本大輔・温琳:『Let’s try!すぐに使えるカンタン中国語』2014,朝日出版社
・宮本大輔・温琳:『中国語Hop・Step・Jump~三段方式で学習する初級中国語~』2016,金星堂
・比拉勒伊力亜司・宮本大輔:『くわしく学べるやさしい中国語』2016,朝日出版社

<学術論文>
・宮本大輔:「言語危機からみる中国の共通語政策」, 2005,神奈川大学人文学会『人文研究』No.156 pp.137-161
・宮本大輔:「中国人の言語評価―北京・天津・上海・杭州の大学生を対象に―」,2009,『社会言語科学』No.11 Vol.2 pp.55-68
・宮本大輔:「女性に対する呼称語の使用意識―“小姐”“阿姨”“服务员”を中心に」,2009,神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター『年報 非文字資料研究』第5号 pp.187-196
・宮本大輔:「中国人大学生の言語態度」,2010,神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター『年報 非文字資料研究』第6号 pp.119-136
・宮本大輔:「言語に対する心理的距離に関する考察―中国4都市の大学生を例として―」,2011,『福岡大学研究部論集:A人文科学編』11(2) pp.1-17
・宮本大輔:「現代中国語における女性への呼称語―北京での調査結果にもとづいて―」,2012,『福岡大学研究部論集:A人文科学編』12(3) pp.1-10
・宮本大輔:「浅谈中国的语言使用意识与语言评价-以重庆大学生为例-」,2014年,福岡大学『人文論叢』No.46,Vol.2,pp.385-400
・宮本大輔:「人間関係から見る語気助詞“啊、呢、嘛”の使用―『新上海灘』を例として―」2015年,『長野大学紀要』37(1),pp.17-26

<口頭発表>
・宮本大輔:「中国人大学生の言語評価―北京・天津・上海・杭州の調査に基づいて―」,2007,3,日本中国語学会第1回関東支部拡大例会(明治大学)
・宮本大輔:「場面別に見る「小姐」の使用実態―北京大学生の意識調査に基づいて―」,2007,10,日本中国語学会第57回全国大会(琉球大学)
・宮本大輔:「中国人の言語使用意識―北京・天津・上海・杭州の大学生を例として―」,2008,10,日本中国語学会第58回全国大会(京都外国語大学)
・宮本大輔:「コミュニケーションに見る語気助詞の使用―テレビドラマを材料として―」,2012,10,日本中国語学会第62回全国大会(同志社大学)

<その他>
・通訳(国際シンポジウム「言語の個別性と普遍性―中国少数民族言語、北米先住民族言語、スラヴ系言語からの検証―」第1セッション「トン語の文法的特徴について―北京語との比較を通して―」,2007,(石林 南開大学/吉首大学))
・翻訳「中国貴州省における「民漢」バイリンガル教育の危機及びその原因と対策(著者:石林(貴州師範大学))」,2014年,富谷玲子・彭国躍・堤正典編『神奈川大学言語学研究叢書4グローバリズムに伴う社会変容と言語政策』,pp.41-52

資格
漢語水平考試:旧8級
中国語コミュニケーション能力検定:962点

可能な共同・受託研究のテーマ
 外国語の教育方法について
 言語使用意識について
  • 資料請求
  • まちなかキャンパスうえだ